KEIKO KOMA Webサロン

新たな目標


京都コンサートありがとうございました。一席に座り、身体が心地よかったです。前日の手足の痛みが無く、先生と繋がる場があることありがたいです。ここが生きていく場です。パイプオルガンの音の聞いた事のない音に全身に鳥肌が立ちました。空間は広く、広くどこまでも広いと、自分のちっぽけさに笑いまでもこみ上げました。

今、運営していますサービス付き高齢者住宅の偶然、偶然の流れを考えていました。入居者さんからの提案にて事が進んだり(多忙にて忘れていたようです)、スタッフの待機児童の赤子が毎日来て、入居者さんが面倒を見て、施設中に笑顔あふれています。寝たきりの人が自分でご飯を食べはじめたり、さまざに良い結果が出ている施設です。赤子も年取った人も、いろんな人が共に生活できる場を創っていきたいなぁと、自然にコンサート中に考えました。やっていく中で、自分が意図したことはひとつもありません。偶然の重なりです。現場での現象を、講座やコンサートにて深く考えることができます。次なる目標の手がかりを得ました。まだ、まだ、今の施設の問題はありますが、次へ向かっていこうという気持ちでいっぱいです。京都コンサート真にありがとうございました。 渡邊典子

KEIKO KOMA Webサロン
高麗恵子スカイロケットセンターにて
KEIKO KOMA Webサロン
マドリード ギャラリー展示会場より
KEIKO KOMA Webサロン
こんにちは