KEIKO KOMA Webサロン

新しい朝から


2日間のコンサートをありがとうございます。帰ってから山積の仕事を片付けておりました。
暫く前から何故自分はいだきに行くのか悩んでいました。色んな理由がありつつ、常にどこかに母を追いかけどのような手段でも繋がっていたいという願望がありました。そのやり方が限界に来ており、正面から向き合う必要を感じ手紙を書いていた所、1日目のコンサート前に母と祖父に会い、考える間もなく涙が流れました。それだけで満たされました。そのまま臨んだコンサートは感謝の気持ちよりありませんでした。ありがとう、と次から次に湧き出、涙が止まりませんでした。

母は、自分のことはいいから私に幸せになれと言いました。そのことが気掛かりでした。私は仕事ができるようになり、お金に困ることはありません。が、私は母に何もできません。昔私が強ければ家族を壊すことはなかったと、全てを人のせいにしながらもずっと考えてきました。私が強ければ、家族の形を失わずに済んだと考えてきました。何故私はこんなにも弱く温もりを持たないのか問いました。すぐ形を失くし、人を殺す私、殺せる私、本当の私とは何なの問いました。コンサートの中、先生はただ優しく受け容れてくれました。「やらねば」と闘ってきたものが消えて無くなることを経験しました。もういいのか、と心の中で叫びました。高麗さんはひたすら美しい世界の到来を告げていました。全てが光に変わり、ただ全てが揃い、ありました。足りないものは何一つありませんでした。全身が震えて涙が止まりませんでした。そうならば、人が争ったり駆り立てたり、何かしなければいけなかったりすることはないのです。
今でも涙が流れます。「新しい朝」という言葉が瑞々しく希望となって胸にあります。これから私は何をしていくのか。既に状況が変化しています。
連休中、いだき講座を受ける方と一緒に東京へ参ります。限りない働きかけをいつもありがとうございます。限りなく愛を経験させて戴き、真にありがとうございます。私が今あるのはそのためなのです。先生、高麗さん、心からありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
ウラジオストクにて
KEIKO KOMA Webサロン
高麗ギャラリーカフェにて
KEIKO KOMA Webサロン
仙台にて