KEIKO KOMA Webサロン

新しい時代の喜びと


カフェオープンからの二日間を無事に終えて東北へと向かいます。
御花や樹木が二日目も続々と届く度に皆さんとお約束をしていくような気持ちで、必ずスケールアップと、より良い空間創り、カフェとしての成功を心に誓いました。二日目の営業を終えてみて良い時に良い方へ舵を切りたく話し合いました。基準はいだきと行き着きます。お客様が良い空間で過ごされ満足され未来を感じられるようなことは勿論ですがそれだけでは普通のカフェであり、いだき的にも最先端の時代の変化をキャッチし常に表現をし時代を創るつもりで生きて働いてこそ最大に良いサービスと仕事が出来ると、自分たちが最高に明るいことが大前提と全員が分かったことが何より有り難いのです。
一日目、先生と高麗さんをお見送りする時に、カーテンが設置されて高麗さんが次来てくださる時は、自分の家のように来てほしいねと呟きました。夜の書き込みで、今度伺う時は家に帰るような気持ちでと拝見し嬉しくて嬉しくて全員涙滲むのでした。keikokoma.comの美しい一節の詩も嬉しい気持ちで拝見しました。その時に向かういのちは何よりの方向性を手に入れています。
次はあの人を連れてくるね、次は友達と来るね、子どもと、旦那と来るねという田舎ならではの宣伝で二日目は一日目以上の方がお見えになりそれぞれがとてもお喜びになり、人の流れは九月にも向かう動きとなりました。手を打ち続けて拡大していく道をつくります。拠点が出来たのでまたマルシェなどに出店し案内を続けることも考えています。
全ての人に異次元に喜んで頂く為の柱はいだきと単純明快に分かり大変有り難い夜でした。いだき受講生としてやる事が普通のカフェでは命が耐えがたいことも有り難いです。
自分で創ることの別次元の喜びを経験させていただき、多くの方に共にいていただき心より有難うございます。

KEIKO KOMA Webサロン
お茶室にて
KEIKO KOMA Webサロン
女性のカメラレディです。はじめて見せた笑顔です。
KEIKO KOMA Webサロン
比叡山 工房にて