KEIKO KOMA Webサロン

新しい光


朝、登校する小学生をお見送りしながら、落ち葉を掃いていました。ふと存在を感じ、顔を向けると、枯葉が一枚舞い降りてきました。秋の五女山城にて、生まれて初めて木の葉が枯れ落ちても、生命は新しい生命が生まれることの喜びを感じたことを思い出していました。三鷹コンサートの朝のひと時のことが心にあり、色々とあり、苦しくもあったコンサートに向かう一日でしたが、コンサートが開催されることを人は知らなくても、生命ある存在は生きていける方へと向かうことをいつも先生のお体を調べる時に、誰も知らない生命の法則とし自分では受け止めてきました。何故、世界中の重荷が先生のことを知らないのに、先生の方へと向かってくるのかは毎回調べることです。生命のはたらきとしか言えない状態とし見えるのです。

コンサートメッセージ第一部は「新しい世界での男女一心、愛」を人類の未来のために宣言します」と締めくくられたように、今日のコンサートは新しい歴史を刻む第一歩と心しました。私が真の神と呼ぶ存在が全面に現れ、自ずと姿勢を正します。人間とし何が良いことで何が悪いことかと気になることが自然と頭に浮かびます。私はおおいなる存在を前にし、あるがままの自分を表すより生きていけないとわかりました。常に正直にそのまま表し、おおいなる存在に受け止められるか否かよりないと行き着きました。京都事務所でのジェンダー講座の内容と通じるメッセージに現代の限界を見ると同時に、先生が宣言する新しい世界での「男女一心、愛」をわかりたく必死でした。真の神を前に、偽りなく生きることを経験しました。第2部のメッセージは深淵です。そして人類史を変え、世界を変えるメッセージと受け止めました。私の解釈があってはならないと考え、ここに素晴らしいメッセージを掲載させていただきます。

 

「 生命終える時の閃光。母の胎内に発生するじはじまりの光。新たな世界のはじまり。

10億年前に地球上で原始細胞が発生し、数え切れないほどの生命滅亡の危機にあって我々人類は全ての生命がこの地球に一掃されるような危機の時に一条の光が地球上に届き、人類のもとの命が発生しました。

様々な人類がいましたが、現在は我々ホモ・サピエンスのみです。ホモ・サピエンスは他の人類との交雑によって滅んだ人類の遺伝子と共に今日を迎えています。

現代の時をどのように理解されているでしょう。もしもまったくわからないとすればそれが未来に向かう力を得ます。さらに未来へと、この力を新たな知識や知恵として活かす時、強力な力を得られます。一条の光は全ての新たなるはじまりの光です。」

 

私には文字通りが見え、先生と整理してきた人類史が見え、宇宙の生まれる3段階前まで行きついた時の光景が蘇るのです。今日こそ人類史が大逆転し、新たな人類史がはじまると見え、ただ姿勢を正し、集中することに努めました。源の光が見え、源の光に映し出される自分の生命の状態を見ました。そして愛を経験しました。お腹の底から温かいエネルギーに満ち、愛とわかりました。愛、源の光の前には自分の生命がそのまま現れます。生命の濁り、曇りは闇と見え、闇は私には嘘、偽りと言う言葉になるのでした。生命に嘘をつき、偽っている状態は闇と見えます。愛、源の光がわかると、好き嫌いも感情も感覚も嘘と見え、今まで自分の気持ちと感じたことも生命から見れば嘘であり偽りであると見えるのです。生まれつき親や先祖から受け継いだ運命により性格、気質、感覚、感情が決まっているのです。誰も嘘をつく気で生きていなくても、生命に偽り生きてきた歴史を受け継ぎ、生きていくのです。「他の人類との交雑によって滅んだ人類の遺伝子と共に今日を迎えています」とのメッセージが生命に沁みてわかるのです。今年に入ってからは絶滅種の因子もコンサートの度に自覚し、コンサートにてなくなり、コンサートの経験は生き延びていける経験であることを身をもって経験してきました。未だに頭は大きな壁と見えます。が、コンサートの経験毎に滅びの因子がなくなっていくことが希望であり、どんなに闇が見えてもコンサートにて解放されるので、いつの時にかは必ず新しい生命となり生き延びていける生命となると見えることが希望と感じています。頭の状態には嘆きをも感じてしまいましたが、ふと、枯葉を掃いているように使っていたと見えるように気づき、新しい生命が生まれ育つように使えれば良いと望み、今朝の光景を思い出し、笑いがこみ上げてきました。生命を傷つける卑しい言葉を聞くと、心が曇りました。時には怒りがこみ上げました。が、生命は嫌悪よりも憐れみを感じていると見えた時には、悲しみを感じ、自ずと頭を垂れます。闇が見えると心は苦しくなります。が、生命に偽ったことを心から申し訳ないと感じ、償い生きていく気持ちが生まれると、全ての曇りが引いていくのです。

最後には新しい光が生命の内に宿りました。はじまりです。

 

「もしもまったくわからないとすれば。。」のメッセージはわからないことを知ることがはじまりとなり、わかろうとし新たな知識や知恵を得ていくとのことをお話いただき、理解を深めています。

生命に宿った新しい光に感謝し明日のコンサートへと向かいます。ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
結工房より
KEIKO KOMA Webサロン
グジ ハンベラ
KEIKO KOMA Webサロン
歴史の大ロマン