KEIKO KOMA Webサロン

新しい世界を拓いていく扉


夢とは。。。

昨日のコンサートの第二部でひかりを感じているときに以前見た夢がふいに現れたとき、なぜ今ここでこの夢が、、と不思議でありながらも、漠然と夢の内容を思い出していました。不思議なこの夢の感覚は今も思い起こせるものがあり、気になるので今一度その夢を思い起こしてみると、はっきり思い出せる象徴的なことがありました。それは自分が住む小さな平屋の家を持った夢でした。印象に残る部屋のなかで、部屋のなかには扉があり、扉のすぐ前は人が通る道がありました。扉と人、自分の家、今までと違う空間のなかにある世界でありながら、そこには新しい家のすぐ前の道路から人が訪ねてくる大きな扉がありました。象徴的と感じる扉から、コンサートでなぜこの夢が突然現れたのか、今になって感じられるものがあります。意味を求めるのではなく、新しい扉が開くそのひかりの空間と一つになり、かってみた夢がひかりを感じているコンサートで心の奥から現れたのだと感じます。

どう生きたいのか、自分の生命をわかっていけるはじまりの一歩の大きな扉です。その扉は人が自然と入って来られるように、人が行き交う道に向かい開かれていました。ペパーミントグリーンの風を感じるような拓かれた扉にしていきたいひかりの扉です。

KEIKO KOMA Webサロン
11月1日三鷹市芸術文化センター風のホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
こんにちは👋😃 カフェ街を散歩です
KEIKO KOMA Webサロン
こんにちは👋😃