KEIKO KOMA Webサロン

文章の力


とにかく表現することが大事だと思っているが、昨夜はそれに関して気づきがあった。人間らしく生きる、「食べる・寝る・着る・仲良くする」基本を守るために、まず「つながる」ことが大切だと思って、「通信」を編集したのだったが、夜、家に帰って、どうも気が滅入ってしかたがない。昼に見た映画『億男』(5月に本も読んでいた)にあてられ、「金」の問題の下敷きになっているからかと思ったが、どうもそればかりではない。「高血圧」のせいでもない。作った通信の校正をして、ハッと気づいた。「通信」全体が”おねがい”口調で、他者に依存ばかりしようとしている臭さが匂うのだ。コリャだめだ、こう自分に自信がなかったらいけない、書き直そうと思った。で、今朝、その強い気持ちで、雑事をすべて後にし、書き直してみた。ほんとうの自分の気持ち、言いたいこと、自信をもってやっている授業内容、こういう新しい取り組みをしているからサポートを頼む、というような文章に修正したのである。そうしたら、いつものように、文章を書いたり、投稿したりしたら、やってくる「さわやかな意欲」が得られたのである。いろいろな困難を乗り切ってやるぞという意欲が出てきたのである。
『億男』の最後に、チャップリンの言葉を引用してある。「人生に必要なもの。それは勇気と想像力と、ほんの少しのお金さ」

KEIKO KOMA Webサロン
結工房にて
KEIKO KOMA Webサロン
天運 第2弾
KEIKO KOMA Webサロン
グジコーヒー