KEIKO KOMA Webサロン

抜け出し口


檻をすり抜け、命からがらコンサートホールにたどり着きました。三鷹に着いて安堵し、コンサートホールに着くともう大丈夫と感じ胸を撫で下ろしていました。そして、一部幕間から参加できました。メッセージは聴いてなかったのですが、パイプオルガンの音が身体に染み入り、自分の内から色んな記憶と共に押し込んできた気持ちが浮かび、消えてゆきました。うらみを晴らすように生きて生きてきたことに気づき、驚きと共に納得することもあり、忘れていたことも思い出し無くなってゆきました。二部は魂の愛。高麗さんのメッセージに導かれ、先生の演奏を全身で受け止めて大変幸せでした。この経験は誰にでも必要であり、解決への道であるとわかります。理解し、伝わる自分になることが先決と考えます。全てが一つであることも身に沁みます。どんどん力をつけて、影響力のある自分になっていくことと心新たにしています。ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
盛岡市民文化ホール 大ホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
グジ・ハンベラ
KEIKO KOMA Webサロン
結工房より