KEIKO KOMA Webサロン

意志


幻のKogryoCafeから応用コース、存在論、ジェンダー講義とびわ湖大津館での本音で生きてください講演会、日々のビデオ講演会に参加をさせて頂きました。苦手なことにも直面し、我を教えられることもありましたが、人間として 最も要のことを教えていただける連続の日々でした。

京都の応用コースは日本と東アジアの歴史に触れ、大きな世界的なスケールの中で示されるいまの時を自覚し、存在論では世俗でつくられた枠 意識を超える連続で、先生 高麗さんがされていることへの理解と存在証明とは何かを考える機会となりました。身体、命で起こっていることを証明していくことというお話しに未来、先へ向かうエネルギーひと筋の光が走るが如く内面に通るようでした。

社会学講座ジェンダーをめぐって、では男女の関係のお話あり、男女の在り方がなっていないからピアノを弾かれたというお話、資本主義の社会の下でお金が絡み支配関係、所有の関係になったり、男女の関係が荒廃していくお話も伺いながらも、日本人の命の美しいこと 可能性をも知り、コンサート 高句麗伝説で魂取り戻し生活も仕事もちゃんとして男になること 女になること、人間として生きる そうした未来に希望を感じました。

最後の日には琵琶湖を眺むびわ湖大津館での本音で生きてくださいの夜の講演会に参加いたしました。魂が集まっているのを肌で感じ、エチオピアのことをお話して下さった時から次元というのか空気が変わるのを感じました。魂、ということばの理解をこれまでより深くできたのははじめてかも知れないというほど立体的に見え、高麗さんが表現される時 魂蘇り、目覚め、また生きる人も魂蘇り生きる時 はじめて全体と繋がり、世界 社会と 個人繋がり生きられること、本音で生きる ということの本質的な理解につながる要の高麗さんの講演会でした。意志立ち、それまでの不調は一気になくなっていったのです。日々、いかに曇らせて生きているかも見え恥じました。身を運び、身を置くことの大事さを身をもって分かりました。もっと動けるように稼いで さらなる未来を創ろうと意志立ちます。

日々のビデオ講演会では、いだき講座を受講したおひとりおひとりの影響力の大きさを知り、挨拶ひとつで場を明るくしたり その明るい空気が マイナスへ向かうようなエネルギーを蹴散らして 明るくみんなが元気に生きる社会をつくりたい気持ちになります。

活動では皆で集合し向かったポスター貼りでは、お化粧品屋さんや不動産屋さんに貼らせていただきました。ひとりでのポスター貼りははじめてのことでとてもドキドキしましたが壁に貼らせていただくと空間変わり その場に光あらわれる感じがあり、 ひとつひとつのプロセスが場を変えて向かう尊いことと感じます。京都でミーティングでは業種に当たるお話しあり、仙台などでも当たっている業種を西日本でも人にお会いし、手紙を書いて当たります。京都での講座も滋賀での講演会も高句麗伝説の3日間とこれからのコンサートに向かい未来へ向かい力漲る尊い機会となっています。ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
ウラジオストクにて
KEIKO KOMA Webサロン
NPO高麗 東北センターにて
KEIKO KOMA Webサロン
ウラジオストクにて