KEIKO KOMA Webサロン

恩寵


結工房からのお写真、まさに輝くコーヒーは神様からのギフトと感じました。”全い”とはどのような??と想像を膨らませています。

高句麗伝説が近づき、12/24のびわ湖がクローズアップされるにつけ思うことがあります。先日の書きこみでも書いた去年の春の狛江の高句麗伝説で体感した神が降臨したような”白い世界”ですが、その後2度顕れていて、2度目は今年の先生のお誕生日のびわ湖での高句麗伝説で、3度目は先日の盛岡の高句麗伝説でした。
盛岡の高句麗伝説のあとの空間は何も境がなくなってしまったように感じたことを思い出します。その後の10/1の狛江の高句麗伝説では透明なまでの空間がまるで鏡のようで、一切の不正を寄せ付けない厳しさすら感じる清浄さがあったことを思い出していました。そしてふとその場所は全部いだきの拠点があることに気付き、すべての拠点にあの圧倒的な世界が顕れたことは新しいステージに入ったことと感じました。次の12/24から始まる高句麗伝説ではどんな世界が拓かれるのかと今から心が高揚しています。

怒涛のような一年が過ぎ、もう新しい年を迎える季節が巡ってきたことに驚き、また新たな年は想像もできないような世界が顕れる予感で胸が苦しくなります。いつもどんな時も先生のコーヒーを頂くとき、心満たされ安らぎます。
お忙しい中、焙煎して頂けるめぐみに心からの感謝を込めて。
いつもありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
新五女山コーヒー
KEIKO KOMA Webサロン
比叡山より
KEIKO KOMA Webサロン