KEIKO KOMA Webサロン

急務と確信して


昨夜、webサロンで書込みした後に、妻に講座参加を勧めました。
断られましたが、以前なら「まだ無理かな?」なんて勝手に決めるところ、今回は就寝前にまた勧め、
今朝出勤前にまた勧め、いだき事務局から連絡があった後、仕事先から電話をしてまた勧めると、諦めません。
妻の方は先生の音楽、映像作品に体が反応しているのが解っているので、何かのタイミングで、意識を覆っている物にほころびが出来ると確信しています。
息子の方は掠りもしていませんが。
家族皆が講座受けないと、この先、生きれないと感じたのは、この前の北海道地震の後です。
そして、確信したのは、15日に義父(妻の実父)の墓の被害状況を確認しに行った後です。
凄く重い何かがドーンとのっかってくるのを感じました。
午後から仕事だったのですが、苦しくてしばらく横になっているしかありませんでした。
義父と先祖のものか?この土地の墓地に眠る方達のものなのかは、わかりません。
しかし、講座を受けないと、こんなのがのっかりっぱなしになってしまうという事だけはわかりました。
受講が急務であると確信しているので、断られても簡単に諦める訳にはいかなのです。
高麗先生、事務局の皆さん、メールでのメッセージ、電話でのお知らせありがとうございます。
9月21日開催のアントレプレナーコース、今日帰宅後も勧めます。

KEIKO KOMA Webサロン
えりかちゃんが撮影した「全い 白」
KEIKO KOMA Webサロン
結工房にて
KEIKO KOMA Webサロン
迎賓館にて