KEIKO KOMA Webサロン

希望


昨夜、意気揚々とアントレプレヌールサロンから帰宅したはずが、食事を終えると同時に気づくと意識がなくなるほど眠く、体が横に揺れていて驚きました。全く頭が働かず寝るしかない状態です。自分の頭の状態がそのまま現れる、先生のアントレプレヌールサロンです。

以前にも先生は「イイネ」の事を仰っていましたが、今回はとてもよく分かりました。インスタグラマーによるグループセミナーを受けてみて、日頃疑問に感じていた事が昨夜一気に解決できたからです。インスタグラムのイイネが非表示になった際も大騒ぎしていましたが、私には寧ろ何を心配して騒いでいるのかが不思議でした。それによって投稿が変わるわけではないと思っていました。もちろん人に認めてほしいという欲求はありますが、それだけに囚われると正に依存症です。人から見た評価の世界に陥ります。セミナーでフォロワー数を増やす為のイイネ活動がある事も知り驚きました。実際にやってみたものの、意味のない機械的な作業は時間と労力をかける以上に虚しさに襲われます。それでもやり続けると、フォロワー数が増えるので嵌っていくのです。ですが、必ず頭打ちがくることも経験しました。親しい人も同様に虚しさを感じており、それを伝えると「誰もが経験する事だけど、フォロワーを一定数獲得する為に割り切りましょう」と言われて、自分に言い聞かせるのです。恐ろしい嵌りの世界に依存症が増産されていくことが、昨夜はよく見えました。同時に、インスタグラマーが過去の自分の成功体験に基づいていて進化し続けていない事、仮に今成功している方を真似たり参考にしたとしても限界が見えました。先生が以前から仰っている通りです。新しい事をやり始めても、あっという間に模倣され埋もれていくハイスピードの世界で、いかに勝ち続けていくか。自分が知らない手法等を新しく学ぶ事は楽しいですが、小手先の技ではなく大事なのは発信する人間力であること。それには何を表現し、どう伝えていくかであると、いだき講座の事を話すかのように、つい先日のセミナーで発言していました。いだきを受講されていないグループの方たちと話し合うことで色々な気づきもあり、アントレプレヌールサロンで更に理解が深まることがありがたいです。道具は道具。どう利用していくか。目が覚めます。

ストーリーの話もよく分かります。小さなことですが以前から職場で、問い合わせをする時は何をお聞きするのか部分でなく、なぜお伺いするのかの背景を全体として理解して、自分のストーリーを作って整理してから電話をかけましょうと言い続けています。かける側が質問の部分だけを捉え、全体も分からずに相手にお聞きしたところでコミュニケーションが取れるはずもなく、下手するとクレームになりかねないからです。全体が分かっていれば、話がどう展開していってもプロセスに対して考える事ができます。これからは仕事の小さな部分だけでなく、もっと大きく、先生が仰るストーリーを作ります。

すべては希望です。自分がどう在るかにより、変わっていく事にワクワクします。時間がなくなったこと、共感、ウラジオストクでの豊かな経験を活かして次にいきます。
ありがとうございます。今日のコンサートもよろしくお願いします。

KEIKO KOMA Webサロン
高麗神社にて
KEIKO KOMA Webサロン
インフルエンザにかかるのではないかと
KEIKO KOMA Webサロン
NPO高麗 迎賓館にて