KEIKO KOMA Webサロン

奇跡が起きました


今朝、目覚めたとたんに寂しくてたまらず、なぜか?と自分に問うと「先生に会いたいから」と分かりました。「お父さんに会いたい」と言って泣いた、えりかちゃんの気持ちがよく分かります。
そして、寂しい感覚は、台風が接近していて気圧が低いこと、ぜんそく気味でほんのわずかだけいつもより息苦しく、肩甲骨が癒着し固まって苦しい感覚から来ていると感じました。
ストレッチして骨盤回りと肩甲骨回りをグイグイ解すのが毎朝の日課ですが、足の開脚をしながら高麗さんの書き込みを読みます。昨日のヤマハコンサートのメッセージをご紹介下さっていました。

「意識して人生があるように思われているかもしれませんが、自分の内面で感じていることを優先してスタートしないと人生はわかりません。」

これを読み、「今感じている寂しさから今日をスタートしよう」と決めました。

今日は日雇いで、ホテルの客室清掃の仕事を入れていました。
時間内に終わらせなければならない上、全身で働く肉体労働のせいか、従業員の皆さんが仙台弁で語尾強く、ピリピリと容赦なく言いたいことを言い合う職場で、怖いと感じていました。

現場に着くと、今日も忙しくスピーディーなムードがありましたが、どこか皆さんが打ち解け明るく、開放的な感じがしました。そして、これが奇跡と言えることですが、私は従業員の皆さんが「全く」「全く」怖くありませんでした。
前に働いた時と同じように、同じ階を担当する女性の従業員さんからは、早口で語尾強く容赦なく指示されたり、「ちょっとおねえさん大丈夫?」なんて言われたりしたのですが、全く落ち込まず、後から腹を立てたり恨んだりせず、明るい気持ちのまま「はい。すみません。」と言いながら働けました。むしろ以前とは真逆に、ざっくばらんなその方が好きになっていました。今、書き込みながら思い出し、「好きになった」ことも「奇跡」だと驚きます。それから、もう一人同じ階を担当していた男性と、その女性の従業員さんがざっくばらんに「何だい?やってけだらいいべっちゃ!」「やんだ。おれ、そんなに給料もらっでねえもん」などどいう会話を、以前は怖がってきいていたのですが、今日は、その奥にお互い信頼していることがしっかりわかって、それも好きになりました。奇跡です。

最近、私には、
「自分も含めて人間を心から信じてはいけない。悪いことをしないのは、法律などで罰せられたり、やってもうまくいかないからで、そうでなければ人間は自分の欲のままに生きる。」
という思い込みがあると気付いていました。
その思い込みから解放され、心から人間が好きな自分になれた今日でした。
昨日のコンサートのおかげとしか思えません。
ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
仙台「高麗屋」にて
KEIKO KOMA Webサロン
いだき京都事務所にて
KEIKO KOMA Webサロン
比叡山 お茶室にて