KEIKO KOMA Webサロン


応用コースは、昼間に、克晢くんと話していたことをそのまま聞いてくださっていたかのようなどんぴしゃりの内容で、大変助かりました。そして大きく飛躍できました。完全に昨日までの状態とは違う世界に飛翔できました。ウラジオストクでの経験から帰国後の経験がありましたので、今日のお話を実体験させていただいていたので、大変よく理解でき、理解できたことで、生きる力となりました。心よりありがたく感謝の気持ちで一杯です。時代は、何をやっても不可能となってしまっているので、自分のポジションを守ろうとし、新しい人を入れようとしない、他を排斥するとのお話は、その状態の中で苦しんでいましたので、甚くわかりました。可能性とは何かと何度も問うてくださいました。夢を見ることとお聞きし、驚喜しました。今日、先生にモスクワでのコンサートのことでお電話をさせていただきました。ハイテンションでしたので、その状態をご指摘いただきました。自分でも驚くほど、いっぺんに内面も状態も変わり、元気満々となったのです。モスクワでの動きは周りの人がよく心配します。ウラジオストクでもモスクワの人々は、危険であると随分心配されました。帰国後は、周りの人皆に足を引っ張られているように感じる程、阻むことが多いと感じ、大変苦しかったです。あまりに苦しかったので、目を閉じ、どうなっているのかを調べた時に、空間には無数の魂がたくさん働いてくれているのです。涙が滲みました。その時、先ほど書き込みさせていただきましたが、先生の一言「同胞なのでは。。。」が空間に聞こえるように浮かび上がったのです。その時、同胞なら通じるという表現が自然と生まれ、メールしたのです。多くの魂が共に動いてくれていることを感じました。結果はモスクワコンサート開催決定となりました。どれだけ多くの魂が働いてくれているのか、とただただ申し訳なく、ありがたく頭を垂れるよりない気持ちで深く感謝しました。今後、契約書もお金の動きもきちんと考え行いますが、お電話で、先生に、私はロシア全土で先生のコンサートを開催することは夢なのですとお話しさせていただきました。先生はそのまま受け止めてくださったことは胸の内に流れる涙でわかりました。たくさんの魂が共に涙していました。ロシアへの道は幼い頃からの悲願の実現です。生まれた時からですので、先祖代々の悲願です。先生がお話されておられましたように、会社によって疎外される気はなく、税務によってやりたいことを抑える気もなく、私は人生を考え、ロシアへ賭ける気持ちで、ロシアへ行き始めました。夢を実現できれば生まれてきた意味もあり生きる意味もある人生です。可能性とは、夢を見るとお聞きでき、とても嬉しくて涙溢れました。

ドストエフスキーの小説「悪霊」のお話も大変興味深いです。ビデオ講演会ではよくお話していますが、2007年の一ヶ月海外「高句麗伝説」コンサートツアーでのブルガリアでの開催時に東明王様が、完全に生き変わり、蘇りました。本当はシリアでの100回記念の時におこったのですが、私が受け止めきれずにいたのです。東明王様が蘇った時、別れた同胞が生きる地ロシアへの道が示されました。その道を作る為に、動き始め、やっとサンクトペテルブルグのドフトエフスキー博物館の館長とのアポイントメントが取れ、行くことが叶ったのです。博物館は心惹かれてならず、ずっと居たいと感じ、ロシアの文学の香りに魅せられ、帰国後は、自宅にロシアの文学の香りの部屋を作ったのです。その後にイラン、テヘランに作ったカフェはロシアの香りをテーマにし作りました。人類救済を考え、小説を書いていたとのことをお聞きし、感動します。が、成せなかったことも甚くわかりました。ウラジオストクでは、ドフトエフスキーの「悪霊」に書かれている世界が動いていたとお聞きし、昨日までの体感が紐解けました。言葉では表せませんが、体では経験しています。先生は面白かったとおっしゃってくださり、心の底ではほっとしています。先生の人生の貴重な時間を私の思いや悲願を成す為に無駄に使ってしまったと考えると、申し訳ないでは済まないことをしてしまったと猛省していました。先生から失敗と考えると頭が働かなくなるという内容のご指摘をいただき、前進したく考えましたが、モスクワも私の思いで動くのなら同じ過ちはしたくないと時に恐れを感じ、戸惑うのでした。が、ロシアへの道は魂の悲願とは胸の内の動きや生命の反応でわかるのでした。諦めきれず、私にとっては大げさではなく、勝負を賭けメールした結果がコンサート開催決定となり、魂の勝利と大喜びしたのです。

死者のこともたくさんお話いただきました。死んでも一生懸命働いている死者の社会保障制度を作ってあげたいくらいとお話くださった時、また死者が安心できる天国を作ってあげたいとお聞きした時には感涙に咽びました。心の底から感動しました。亡くなっても働かなければいけない状態とのお言葉は、頭を垂れます。昨日も人類史上初めての真の平和を作っていける先生の働き、存在に出会っていながら死にもの狂いで働かねば申し訳ない気持ちで一杯でした。死者が懸命に働いてくださっているので、そのような気持ちになるのだとわかり、頭が下がります。ご質問者のお答えから死者は人間の邪魔はしないとお聞きしました。ずっと阻まれていたと感じてきましたので、阻んでいたのは死者ではなく、生きている人間であったともわかり、多くの疑問が解けていきます。

可能性は言葉になるとお聞きし、希望を感じます。ロシアは世界の要ともお聞きしロシアでの動きをさせていただけますことは喜びであり心から感謝します。

先生にお会いすることが全ての解決であり、先を作ります。12月11日の新宿文化センターのコンサートに来ない人は潜りであり、表に出てこれないモグラとお聞きした時には深く頷きました。不可能な時代にあり可能性ある場に足を運ばないなど、話にならないのです。可能性に賭け、夢の実現に向かいます。心配するなら、コンサートのチケットを売ること、自分の仕事をちゃんとすることと、答えは明快です。ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
盛岡にて
KEIKO KOMA Webサロン
マドリード ギャラリーより
KEIKO KOMA Webサロン
全い 白