KEIKO KOMA Webサロン

夏桜


今の季節に咲くことのない花。夏の桜。
先生の演奏が続く中、ある時から一音一音は
桜の花びらのように感じていました。
身の内に桜が咲き、果てない聖なる空間に、
その音の花びらは、あたたかくも、
激しい春風と共に舞い上がるようでした。
亡くなられた方が帰ってこられる季節だからか。
日本では310万人以上とも言われる犠牲者を出した、
前の戦争の終わりと言われる季節を迎えたからか。
その桜色の一音一音に、多くの人々の魂、存在を重ねていました。
この季節が生む思い込みとも思いました。
それでもいいと感じてしまいました。
生まれてくる気持ちは、誰一人漏れることなく、
この世に生まれ確かに存在していた尊い人間としての
魂が報われて欲しいという気持ちでした。
未来の人たちが、輝き、幸福であって欲しいという気持ちでした。
先生が顕される、この果てない神聖な空間で、
世界中の誰しも永遠に輝いて欲しいと願いました。
先生の演奏はどこまでも美しく、あたたかい生命讃歌と感じました。
コンサートという限られた時間と空間でも
先生の表現される音空間に身を任せると時空を超え、
身の内であらゆる生命と交わる今を実感します。
生命の神秘を知り、深く、深く感動します。
季節外れに身の内に咲いた桜は、
美しい未来のために生きることを教えてくれました。
アンコールでは、すぐに新しい明日へと続く生命の胎動を感じました。
本日はありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

KEIKO KOMA Webサロン
府中の森芸術劇場 どりーむホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
モスクワにて
KEIKO KOMA Webサロン
三鷹市公会堂 光のホールにて