KEIKO KOMA Webサロン

国創りの始まり


久しぶりの大人数のアントレプレヌールサロンでは、帰る頃には廊下の照明も消されていて開店休業中の様相のホテルでした。そんな中も会場は明るく、高麗さんや先生がいらっしゃると喜び伝搬します。思いっきり販売できる事にも、普段声を出していないと、いのちが縮こまっていく事も体感しました。
当日は書きこみ出来なかったのは、好きな事だけする覚悟ができてなかった事を翌朝自覚しました。
高麗さんのビデオ講演会でもお話されていましたが、好きな事をする為にも、他の好きじゃない事もしなくてはいけないと考えていました。コロナ渦で自粛要請の中、ある意味、余計な事は出来ない状況でした。「ねばならない」のネバネバの癖は残っていたので、頭の中の混線状態をアントレプレヌールサロンにて解体して頂きました。「生きていくためには仕方がない」意識は、本質からそれていきます。
それっぱなしから、好きな事を手がかりに前へと向かえます。
昨日、高麗さんがお帰りになる時、高麗屋の前を通られた方が、通り過ぎようとして振り向かれ、何人かの顔を見て、高麗さんの前に戻られ、「しっかし、本当に可愛いね」としみじみ表現される場に遭遇しました。とっても素直な心、表現を感じるひと言でした。
高麗さんのお兄さんの心模様ネックレスが飛び出してきたこと、「高麗ビル」も、コンサートホールも、国家予算と考えると、安いと聴こえる今朝です。楽しい国創りの始まりをありがとうございます。
KEIKO KOMA Webサロン
比叡山 迎賓館より
KEIKO KOMA Webサロン
比叡山 お茶室にて
KEIKO KOMA Webサロン
本日八坂にてビデオ講演会公開収録