KEIKO KOMA Webサロン

受容


途轍もないお話を聞かせて頂いた応用コースでした。先生が子供の頃より、人間は、本当はこのような在りようではないのではないかと疑問を持たれた事にも驚きますが、答えを見つけるまで探求し続けて下さった事、講座2日目にて運命が改善されたことにより今生きている生命と確かにわかります。人類を救済しようとするはたらき共に、気の遠くなるような長い歴史に蓄積された負の遺産を一手に引き受け、どのようにお身体に影響があるのか具体的にお聞きすると共に、ご家族への影響をお聞きし、言葉にならない気持ちでいっぱいとなります。愛から生まれた動きより、力にならないとわかっていますので、純粋な魂、心で、100%生きる事を身につけるよりありません。人間が発生する瞬間の事を初めてお聞きした時、時間がとまったように感動しました。真であることは生命でわかります。そして先生から直接お聞きするのでいのちでわかるともわかります。東北の地にて、葉っぱの大きさまでをお聞きし驚きました。この場で先生から直接お聞きしている自分は何なのかと問います。そして、先生が今どのように生きておられ、どのように考えておられるかをお聞きした時、私が昨日まで講座やコンサートの案内の為いだきを語っていたそれとは全くスケールの違うこととわかり、今ある諸問題や課題も塵みたいなものだと一気に吹っ飛びました。高麗さまのおっしゃる、地を這う生き物、自滅する人間そのものの自覚と同時に、新しい次元へと飛び出し、生まれ変わりました。高麗さまによります、ビデオ講演会公開収録では、先日の北上コンサートについても触れて下さいました。男、女、というお言葉を聞いたときうれしかったです。自信がなくて書けなかったのですが、見えるようにして理解した経験があり、高麗さまのご経験をお聞きし、自分の経験が明確となりました。いだきしん先生が、人間のこと、地球や宇宙のこと、それよりもっと枠組みのないことなど探求されるプロセスで、高麗恵子さまと出会われたことはおおいなるはたらきとしか考えようがありません。出会われて、更なる探求の3年間。偶然はじまったIDAKI講座の35年間。お茶室の完成により一区切りとは、よく理解ができます。敏感すぎて、時に、凡人にはわからぬ痛みを伴い真剣勝負で抜け出していかれる高麗さまのことをわかろうとしても無理かもしれませんが、共に生きるとは、真の自分で自律し生きていることと考えます。毎日が常に完璧であること、毎日成長すること、心も魂も磨き続けることより力になれると考えます。毎日の新規開拓は身について参りました。天才養成講座である いだき講座の受講生ですと正々堂々と胸を張って言える時がスタートです。1日も早くそのときを迎えたい気持ちでいっぱいです。今ある課題は、先生が板書して下さった「受容」の一言で片付きます。受容力を急速に高めて参ります。
いだきしん先生、高麗恵子さま、大変ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
盛岡にて
KEIKO KOMA Webサロン
パリにて
KEIKO KOMA Webサロン
盛岡にて