KEIKO KOMA Webサロン

北上と声にするだけで胸動き涙潤み


北上でのコンサートの素晴らしいことに未来への希望を感じ、胸の内は希望の光が輝いています。開場し、お客様が階段を上り、入口にお入りになった瞬間、胸元に輝く光を見ます。心模様ループタイ、ペンダントが一際輝き、思わず歓声が上がってしまいます。昨日の語る会での先生のお話を聞いていたかのように、多くの方々は颯爽とし格好良く装い、美しい空間がたち現れています。とても明るく広い空間に心模様作品が輝き、マーブリングのショールや衣装が天から舞い降りてきたように光の風となり、明るい空間を創出しています。開演前から心弾む、美しい空間でした。

「北上哀歌」という素敵なメッセージに魂震えます。「北上は数万年前から人が住み、1万2000年前に縄文を形成します。北上川、北上山地の多様な豊かな自然に恵まれ、縄文初期より豊かな縄文文化を形成します。現代文明からは想像もしがたいですが、この豊かさが内面的な魂の豊かな人間形成には欠くことのできない地域です」なんて素晴らしいことでしょうか。その地で先生のコンサートを開催させていただき、経験できます恵みに深く感謝し、喜び聴かせていただきました。以前、偶然の巡りにより、KOMAの地と出会い、その地は阿弖流為が朝廷から集中攻撃を受けた地であり、阿弖流為の里と記されてあったことには飛び上がる程驚き、強い衝撃を受けました。以来しばらくの間、阿弖流為と蝦夷について調べたことがあります。その時、北上のことを知りました。日高見とも言われていた事を知り、北上と先生の故郷は昔ひとつの国であったと記された書物を読んだ時には、一人でやった!と万歳したのです。先生の奥様の故郷と先生の故郷がひとつにつながっていたことに合点がいったのです。美しい人間が住む地と書かれていたように私には読めたのです。今日の先生のメッセージは生命の奥深くにある生命の流れが見えるようでした。私が先生に出会える前の生命ぎりぎりの時に北上川の水面に真の自分の生命の光を見たことも北上川であったからと今日の先生のメッセージと演奏により確信しました。最も美しい生命にふれると人間は生命清められ、生きていけることをコンサート中、ずっと感じていました。

迎賓館に置かせていただいているピアノと同じメーカーのピアノの音を聴くことも楽しみでした。第一音から深く内面に響き、深い森の中に居るようでした。ピアノの一音一音は立体的で生き物のように活き活きと輝き、動きが活発でした。深い森がコンサート会場に立ち現れ、完全にその場に居るように感じました。そして古代の森では、木とひとつに生きる人間が活き活きと活発に暮らしています。男性も女性も活き活きと生きています。自由で美しい生き様は生きる希望であり、生きる力となります。とても心地よく、その場に居るだけで「生きている」と実感でき、幸せでした。

第2部は、いつものように後頭部のネジが動き始めました。少し前に、先生にこのことをお話させていただいた時、ねじであれば巻き終わるし、解け終わりますが、延々に解け終わらないのはねじではなく、後頭部をつかまれ動かされてきた跡ではないかとおっしゃっていただきました。今日はそのように感じました。すでに私は何者にも動かされず、自分で生きていることが確認出来ました。自律と見え、喜び生まれます。深い森は神宿り、人間の生命にも神宿り、先生の演奏される音を言葉にしていくと神話が生まれてきます。後半の渾身の演奏には全身武者震いが起こります。どんなに叫んでも、歓声を上げても拍手をし尽くしてもしきれない深く大きな感動の波が押し寄せ、感極まります。万歳よりありません。ラストのアンコールのアリラン的な演奏は言うことなし、と完璧な美しさに至福の喜びあふれます。

終演後は何方様とも心通い合え、笑顔交わすだけで幸せでした。自然と握手を求められ、喜び握手ができる初めての経験でした。今までは知らない人に握手を求められることは恐怖でした。

紫波にて見上げる空は星がたくさん輝いていました。震災が起こった年に紫波の土地を見に来た時も星が美しい地と感じたことを思い出します。テレビでは震災後の様々な方々が辿った道のりを報道しています。限界を感じ、辛くなります。今日のコンサートで経験できたことは真の希望であり、それこそ永遠に消えない希望の光と実感します。これこそが、真の活動と心から感謝します。復興という言葉を使うよりなく、復興支援の道を創りたくと表現してきましたが、被災地へ行った時、元の町が良かった訳ではないので、元に戻しても意味がないと皆様おっしゃっていました。かといってどんな町にしたいかもわからないとのお声を多く聞きました。今日の報道では復興援助金を受け、頑張って事業を立ち直したけれど、援助金の借金が払えずに倒産したケースが多いことを伝えていました。いだきで生きているので、未来をきり拓き生きていけますことがどれだけ恵まれ、ありがたいことかと身にしみます。社会全般が先がない方向へと向かっている中で、未来を創造できる生き方が出来、常に魂を養い、飛躍できる人生を生きていけますことは、いだきでより経験できないことなのです。世界中へお伝えしたい気持ちを実現することを考えるコンサートでもありました。今は、不可能はなく、人類の未来に必要なことはおおいなるはたらきかけに満ち、成っていくと確かな手がかりを感じています。最高に素晴らしい北上でのコンサートでした。ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
車中から続きです
KEIKO KOMA Webサロン
三鷹市公会堂 光のホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
ウラジオストクにて