KEIKO KOMA Webサロン

北の神あらわるコンサート


東北センターでの「本音で生きてください」講演会は私にとっていつも岩手県のご縁をしみじみと感じます。先生に出会える10ヶ月前、体が動く内に北へと向かい、たどり着いた地が平泉、中尊寺、厳美渓、そして盛岡です。北上川の辺りを歩き、水面に見た光に生きていける希望を抱き、先生に出会えるまで、生命永らえたと自分では受け止めています。先生に出会い、水面に見た光は自分の生命の光と教えていただき、深く安堵し、生きる現実はここにあり、と生命でわかる経験となりました。東北センターでの講演会はいつもこの時のことを心にお話させていただきます。私が登場するなり、涙流された女性のお姿、正装をし姿勢正しくお席にきちんとお座りになり、真剣にお話を聴いてくださるご年配の男性。。。初めてお会いする方が多く、受講生の方も多く、とてもありがたく感謝し人生の経験をお話させていただきました。いだきで、本音で生きる人生のお話をさせていただく時、生きている喜び、幸せを感じます。世界中の人へお伝えしたいと望む気持ちもより強くなります。ありがとうございます。

応用コースでの先生のピアノ演奏は第一音から魂に響き、とてもやさしくロマンに満ちる演奏に、最も純粋で美しい心、魂を取り戻します。人間とはこのように生きる存在とわかり、生命の内に流れる涙は、生命の汚れ、曇を洗い流してくださいます。最も美しいピアノの音色に深く感動し、明日のコンサートへと向かえます恵みに感謝します。

日本中から見学に来ていただけるようなデイーサービスを創る気概、意欲あふれるお話は、気付きと発見、ひらめきが多く起こり、とても豊かな経験となりました。お金の計算は必要ですが、心も頭も大きく生きていかねば真に良いものは作れないということが生命をもってわかります。私はデイーサービスが日本を救済するというお告げを受けていながら、苦手な福祉は私には出来ないことと躊躇っていましたが、NPO いのちのミーテイングをした時、全員がデイーサービスがあればとの気持ちを表してくれたので、やってみたい気持ちが生まれ、決断すると、光が見えました。元々先生が考え、創られた仕組みです。元祖なのだと今更ながら気づき、日本中から見学に来ていただける場を創ることは希望です。お話のひとつひとつは、気付き、ひらめきの連続でした。とても多くを学びました。毎日自分の気持ち、本音を書き言葉に記すことの大切さをお話しくださいました。私は毎日実行していますので、身をもって未来を拓くとわかります。毎夜、記す詩は翌日には現実となっています。美しい内面で生きることに努め、美しい言葉を記していくと、美しい未来が拓かれます。私の本音は世界の平和を実現することです。子どもたちが生きていける良い世界を創ることです。先生は子どもたちと一緒に過ごすことは簡単なことであっても、子どもたちが生きていけるように生きているのかをお考えになり、人間とは何かを探求し続け、未来を見、東京に出て来てくださったので私はお会いでき、生命助かり、今生命あるのです。私も身近にえりかちゃんと遊んでいるととても楽しいです。が、この子達が生きていける社会は。。。と考えると、自分にしかできない事をせねばならぬと考え、先を創る為に動いていかねば申し訳ない気持ちになり、動くと生命が喜び、躍動します。動ける人間は動かねばならぬと肝に命じています。特に危機が迫る昨今は、動かないと、生きていけない限界を身をもって感じます。私の場合はお告げがあるのです。何をするかは見えているのです。見えたことを実行すれば未来を切り拓いていけるのに、見えたことを受け容れずにいると、それこそ大変な目に遭います。もういい加減にしなさいと言われているようです。今は、一瞬でも隙があると、一足飛びに落ちていきます。反面、未来を拓く動きは猛スピードで動きます。終わりゆく人と拓かれる人と二分される時代との先生のお言葉を受け止めます。真にとわかります。自分自身に起こる現象からは猶予のない時代と感じざるを得ないことが起こります。寸分の狂いもなく、隙なく生きていかねば生き延びていけない時代と受け止めています。

明日は、北上でのコンサートです。北上は「北の神」とお聞きしました。明日は北の神があらわるとお聞きし、身震いするどころではありません。身も空間も震えています。封印された神があらわる時、封印したものは崩れ去り、真の神が現れ、世の中は変わります。先生は今までにないお体の変化にあり、今までにないことなので、今後どのようになっていくかはわからないとおっしゃいました。先生のお体が変わる時、世界は変わります。それも今までにない変化にあります。今までになく世界は変わります。やりたいことをやることは良いように思えますが、自分の為にやりたいことは壊れていくとは合点がいきます。危機にある今、未来の為に、世界の為になることより先を拓いていけないことは起こる現象からも見えることからもよくわかります。

高句麗壁画に描かれる四神では北は玄武とのお話もしていただき、北の神と玄武のつながりもあると感じられ、とてもありがたいです。神あらわる北上でのコンサートは神様に出会えますように備え、向かいます。ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
迎賓館にて
KEIKO KOMA Webサロン
淡路にて
KEIKO KOMA Webサロン
比叡山お茶室にて