KEIKO KOMA Webサロン

動き


女性はいい女に、綺麗になっていっているか、それが能力が上がっているかどうかと仰られたその一言は一番わかりやすい!と嬉しく感じました。
先生と出会ったばかりの10代のころ、当然能力があったとは考えませんが、いだきに出会えたことが奇跡と感じ誰彼なしにいだきのことをお話ししていました。一番嬉しいことは、人が受講され輝くこと、共感できるようになること、共に生きて行ける人が増えていくことと感じ、子供ながらにお電話をかけたりメールを出したりお手紙を書いたりしていました。そのことを思い出したのも大変恥ずかしながらつい最近で、受講を決めたのは私から電話があったから、と話してくれた人の話を聞いて気づいたのです。当時よりも成長しているはずの自分が当時よりも能力がないことが大変ショックでした。

無能化する原理のお話から、階層が上がっていく仕組みの中に組み込まれ階層が上がっていくことに乗っかり自分の能力は落ちていく仕組みとなっていることを理解しました。私はそこには嵌まりたくないという意志はあれど、知らず知らずのうちにのっかり影響されていることも理解しました。

また大きな原因は子宮の奥に潜んでいた化け物と自覚認識していますが、8月の連日のコンサート、ジェンダーを経て抜けていったものがあり、それ以来自分の感覚はもちろん、人との関係性はガラッと変わりました。自分の一番今集中するべきことを考えてスケジュールを一旦見直すプロセスを経て、さらに明確になったことは自分の本音です。自分のために時間を空けたはずが、人と会いいだきをお伝えするためのアポイントメントや時間が作られていきます。人は助かる道を求めていることが、否応なくわかってしまうので、私のできることはどこまでも透明なパイプとなり、人と先生、高麗さんとが出会う道をつくることです。自分はこの2日間で大きく変わってきていることを現象が教えてくれます。自分が先生と高麗さんと中心でちゃんと繋がっていれば、家族や親戚も含めて人が助かり人がよくなっていく道ができると現象から教えられます。家族全員が受講させていただいている私たちの家族関係は、私一人の状態でこうも変わるのかと正直大変驚いています。しかし良くなる一方で大変ショックなこともあり、周囲で起こる現象はそれぞれ単一なこととして起こっているとは感じられず、何かが連動して一気に動いているように思えるのです。数年前高麗さんにも強く勧めて頂いたにも関らず真っ向から拒否し受講しなかった親戚の10歳の子にあたる従弟の身体に突如異変が起こっていることを今日知り、強い危機感を覚えています。自分のことだけを考えて生きている場合ではない、当然学習等自分のやるべきこともやりながら、人が助かっていく道をつくるために動いていかないといけないとはっきりします。人の生命や人生に関わることのど真ん中に先生と高麗さんはいらっしゃり、その先生と高麗さんと中心で繋がるということは、自分のことどころではない、大変なことだと受け止めます。本音は、人が助かる道をつくることなので、本音からは外れてはいない、しかし、今このように展開していくとは意図していなかったことなので正直今の自分の判断が正しいのかどうか、自分の瞬間瞬間出していく答えを疑いながら進んでいるような今です。

今があるのは先生のおかげ、また高麗さんのおかげとしか感じられません。

本当にありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
新作マーブリング作品
KEIKO KOMA Webサロン
高麗ギャラリーカフェにて
KEIKO KOMA Webサロン
迎賓館より