KEIKO KOMA Webサロン

出会いを待つ魂


今年最後の結工房での先生の焙煎日は、大忙しです。お客様も絶え間なくお越しくださり、24日、25日の「高句麗伝説」をお勧めさせていただきます。焙煎仕立てのコーヒーを淹れさせていただき、メッセージをお聞きすることは大変楽しみです。そしてお味が、別格であり、次元が変わりますので、とても元気になり、心もひらきます。今日はグジコーヒーをたくさん焙煎してくださいました。とてもフルーテイーで、豊かな広がりがあるグジコーヒーはとっても美味しいです。さわやかで、口当たりがとっても良く、何も残らないのです。この体感は先生焙煎コーヒーよりありません。他のコーヒーはまず胃に何かが残ります。お客様も血が通ったようだと大喜びし、笑顔が美しいです。コーヒーを召し上がってから色々とお話させていただきましたお客様は、最後には高句麗伝説のチケットを購入してくださいました。人生を真剣に語り合うことは大切なことと感じます。語り合う中で、感じたままをそのまま表現した時、自然とチケットの購入となりました。続いて仙台高麗屋にての講演会、ビデオ講演会でも、ご参加をお勧めせずにはいられずに、感じたままを表現させていただきました。その方が迷っていると、胸が塞がれていくのです。足元までふらつき、胸は苦しくなり、たくさんの連なる魂が後押しをしている光景が見えます。魂進行する時代であり、死者がはたらき続けてくださっているとの先生のお言葉が身にしみわかる今この時です。生きている人間が一歩踏み出していかねば、連なる魂は行き場がありませんので、閉塞されてしまうと見えます。

昨日から、地に埋もれる魂が表に出たくてもがいていることが見えるのです。いだき講座を受講された方々につながっているのに、生きている人間が動かないので、もがいている状態を見た時、私ももたもたしていると倒されるとわかり、生命ある人間は止まらずに動き続けていく時とわかります。ビデオ講演会にて出会う前から出会っていると表現させていただきましたが、私は出会う前から出会いを感じることがあります。その方はやることがあるのだと感じてなりません。そのことに気づかずに、生きてしまうことは生命のはたらきに反していますので、お身体の具合が悪くなってしまうことをたくさん見てきました。亡き兄もその一人と感じています。今でも後悔してもしきれません。故に今出会っている方とは、生まれてきた意味をわかり、実現する人生を共に生きていきたいと心より望みます。

ロシアで出会った方々にもいだき講座を受講いただきたいと心の底から望みます。が、言葉の限界を感じ、お伝えしたくても日本語でお伝えするようにはお伝えできないことがもどかしいです。海外ではコンサートよりないと考え、言葉の限界を乗り越え、世界中の人と共に経験したいと考えます。仙台高麗屋にての講演会にて、日本語でいだきをお伝えできることの幸せと恵を感じました。先生は日本語でいだき講座をしてくださいますので、人類史上初めてのいだき講座を日本語で聴けますことはどれほど恵まれていることかと深く感じます。日本語でいだき講座を受講でき、日本語で先生のお話をお聞きできますことは大変恵まれていることに深く感謝します。やはり日本は要なのだと感じます。

ロシアでの活動は心ときめきますが、日本も同時に動かずしては、未来はないと見え、日本、ロシアが同時に動いていくように考えます。一人一人先祖の代表で先生に出会えています。連なる魂が一斉に動いています今、動き続けていかねば、不調になり、辛くなるだけです。来年3月31日に岩手県にて、4月8日は仙台にて先生のコンサートを開催させていただくことを東北の地は喜び迎えてくれています。出会いを待っている魂を感じます。伝え続け、動き続けていく気持ちでいます。ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
狛江エコルマホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
迎賓館にて
KEIKO KOMA Webサロン
高麗ギャラリーカフェにて