KEIKO KOMA Webサロン

内面の知恵


京都存在論、ビデオ講演会に参加させていただき、ありがとうございました。内面の知恵がまずは土台となり外面の知恵が使えるのが人間なのに、今は外面の知恵ばかりに注目している。内面にピカッと光ったらどこまででもやれると。内面から生まれる、止めることのできないようなエネルギーが生まれる土壌を養うには、ビデオ講演会でお聞きしたように、コンサートや講座での超越体験を言葉にし表現する努力をすることと納得します。このウェブサロンに表現させたいただくことは、禮儀と考えています。以前、禮儀がなければ経営者は会社を大きくすることはできないと教えていただき、心掛けています。先生、高麗さんが全てを用意して下さり、参加させていただき、何も表現しないことはあまりに失礼と気がつきました。物事をやる側にいると、何も表現しないことは誠意が無い態度と感じます。私は人にアドバイスを求められて話すことがあり、その後どうなったのか、何も言ってこない人は、やはりこちらがどのような気持ちでその人のことを考え時間を使い、話ししたかわからないのだろうと感じます。まして先生は、生命かけてコンサートや講座で伝えて下さいます。生命の禮儀は大切にできるように努めていきます。母も私もお世話になりっぱなしです。今日は、家に帰っても母はいません。ICUにいて、会うこともできません。あまり状態は良くないようです。持ち直してくれることを願うばかりです。早速桐箱の11月1日のDVDを聞かせていただきました。高麗さんのアナウンスから始まり、弱音など無縁と聞いても、母がいない寂しさに涙ばかりです。泣いてばかりもいられないなで、明日からは年々豊かに輝いて生きられる、新しい生き方が唯一ここにあることを、多くの方にお伝えします。私の場合、気持ちが萎むのは、行動と結果が伴わない時です。結果を出せないと辛くなってしまうことがあります。結果が良くなって行くようにやり続けるためには、外面の知恵も必要だと考えます。また、内面に生まれたエネルギーが我になることも、良く分かります。思い通りにしたい気持ちは強いので、それが「我」なのだとわかるようになってきました。今日も、ビデオ講演会で普通にコンビニに行って生活しているこの状態が滅び行く生き方とお聞きし、滅び行く普通の生き方の中では、子供の時からつまらなくて暴れるほど耐えられない性質なので、この性質を活かします。ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
ロシアより
KEIKO KOMA Webサロン
車中から続きです
KEIKO KOMA Webサロン
迎賓館にて