KEIKO KOMA Webサロン

光る時


琵琶湖コンサート翌日の昨日は今まで以上に新旧の違いが良く見え、辛くもありながら、先生と高麗さんがおられるので今の時代を明るい心で生きていけることが明確に分かりました。心一つで世界の見え方が丸で変わってしまうことも、その変化の速さも実感しています。
令和という新元号は先日からのコンサートでの光の表現を本質に据えているような不思議な喜びが広がりました。発表された瞬間に、意味や背景を何一つ知らないながらも「令和だって!」と素早く直感的に文字や音に対して反応していく若い彼や彼女の反応に光を感じました。誰もが話題にし、その事への意見を拙くても表し節目を迎える経験など日本では滅多にないことです。元号への反応や意見、新しい時の展望がどのようであってもこのような時と反応は日本ならではと感じました。
私たちにとっては琵琶湖コンサート後の光あるいのちで節目を迎えられ、有難いばかりです。
始まった大逆転の時を生きて参ります。
有難うございます。

KEIKO KOMA Webサロン
京都、八坂にて
KEIKO KOMA Webサロン
インフルエンザにかかるのではないかと
KEIKO KOMA Webサロン
盛岡にて