KEIKO KOMA Webサロン

仙台へ


3月11日、大事な日と感じて東京にて過ごさせて頂きました。結工房一周記念、誠にありがとうございます。
昨日の応用コースに参加できませんでしたが、とても重要な時を感じています。
節目の時とも感じます。
先日のジェンダー講座を経て、女として生まれたことの理由の見えない辛さが紐解かれ、私は初めて女性として生まれたことを受け容れることができるようになりました。女性とし生まれたことを受け入れられて、はじめて自分は女性としてどうありたいか、どうなりたいかを考えていけるようになってきました。それは人に言っても理解されないことなのですが私自身とても嬉しいことで、街を歩きながらも胸の内は小躍りしています。人間関係の絡み、情など、内面に実現したいビジョンがあっても、愛の芽を見出しても、疎外されていく目に見えないエネルギーが一体にあった感覚が変わり周りがどうであっても、自分の生命に生まれる本音を表現し、貫くべきはここであると、確かなことを感じます。
明日は久しぶりに父と2人で仙台に参ります。結工房も父子共に楽しみに伺います。武蔵野コンサート翌日に体調を壊し、変わらなければ生きていけないギリギリに追い込まれ、そしてその手がかりを掴みたくて東京を離れる父と、私も一緒に変わるよりない気持ちです。自分の生活の場、仕事の場、環境を見直し、整理整頓、掃除を済ませ向かいます。

KEIKO KOMA Webサロン
結工房にて
KEIKO KOMA Webサロン
ESPACE CINKOにて
KEIKO KOMA Webサロン
パリ展示会 Espace Cinkoにて