KEIKO KOMA Webサロン

仙台に山城!


「私たちは未来から来ました」海外高句麗伝説ツアーの時の記者会見の先生のメッセージ、蘇る今日です。
未来はここから始まったと感じる新仙台の高麗屋さんです。真にありがとうございます。
ちょうど一年前に、忙しくなるから引っ越さないと実家に戻り、先生、高麗さんにお会いしに伺うことを仕事として!と始まり、夢にもみたことのない人生はスタートします。この度の仙台に様々な動きの中でビルの一階から2階に移転をして5月1日にオープンした新・仙台 高麗屋さんは、ただ事ではないことを実感します。簡単に現代用語でわかる言葉を使う引越しとかリニューアル…とか移転オープンより言葉は知らなくて、あらわすことなどで来ないのですが、空間に入ると間違いなく違うとだけわかりました。改築前で様々な寸法確認をするために高麗さんと皆さんと伺わせていただいた店舗。高麗さんと業者さんとの打ち合わせの中で、内容が決まっていくと、潜んでいた黒いものが剥がされて消えていくように感じ綺麗になっていく様に感じ、心臓はばくばくでした。そして、比叡山でのカーテンのマーブリング制作された品を持ち込んだ時、場は一転して山に城が築かれていくように感じました。城壁はマーブリングカーテン、発信基地の大アンテナのシンボルツリーの「いだきの木」、そして高麗の看板が立ち上がり、新しい心模様タピストリーは、世界に向けての発信機器のようでもあり、位置が決まるとラインストーンの輝き増し、全てを掃き清められていくようでした。床は、みんなが何回吹いたでしょうか、吹くたびに空間はキラキラと輝きます。青葉通りの横断歩道から、高麗さんが窓辺に立ち外を見られるシーンに、ハッとして大宇宙の中心が現れたようでした。美しく美しい大輪の花の様な輝き。5月1日、立ちあげてくださいまして、ありがとうございます。
尊い時、先生、高麗さん、ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
スタート
KEIKO KOMA Webサロン
「高句麗伝説」第6弾
KEIKO KOMA Webサロン
東京にて