KEIKO KOMA Webサロン

今の不思議さ


迎賓館コンサートを有難うございます。
一音が生まれる時の静けさ、集中、感動に存在の本来性が表現されていることをまじまじと目の前にしました。何処までも真摯に向き合うことでより現れることもない真が先生のピアノの音に映し出されています。こちらを現実として生きていける生命の喜びと、余計なこと、言葉、関係の中に囚われる悲しみが大きく別れたように、先ほどの地震は地震という衝撃を越えていだきしん先生が表現されたことの方が現実となる変わり目という体感でした。人間が今のような分かりやすい管理された人間ではなく、不思議な存在に戻っていけることが嬉しいです。魂の源には誠の恋心に似た気持ちがあることを想います。頽落する日常や世間から本来性に立ち戻り、延いては存在そのままに生きていけるように、それぞれには強い気持ちが備わって生きていることに気づきました。
八坂にいると高麗さんの語りをお聞きしている状態が遥か昔からある時のように懐かしく、嬉しく、幸せでした。先生の音は宇宙と天と今を一つにしてしまったようです。一人の存在が生きる時の訪れを創ってくださり、この感動のまま生きることが当然の空間です。
有難うございます。

KEIKO KOMA Webサロン
パイプオルガンの前で
KEIKO KOMA Webサロン
ロシアより
KEIKO KOMA Webサロン
東北の地に生まれた希望の光