KEIKO KOMA Webサロン

五女山の愛


胸の内に、動かない空気を苦しいと感じる曇りがあり、ウエブサロンを開くと、結工房からたくさんの写真、動画、メッセージがアップされていました。純な心で香りを楽しめますとのメッセージにどきっとし、動画が見ました。なんと香りがしたのです。何度見ても香りがすることがうれしくて、一気に元気が出ました。

10月10日焙煎の五女山コーヒーを淹れると、昨日は、お腹の底から「五女山の愛」とのメッセージが聞こえ、まるで先生の声が聞こえるように「五女山の愛だよ」と力強く言われているようでした。五女山の愛がわかれば、目の前のことにゆらぐことも悲しむこともないことを渾身のエネルギーで伝えてくれました。引き裂かれた悲しみも愛によってひとつになれることを伝えてくれました。私は内面深くを感じ、五女山の愛をわかろうと必死でした。頂いたコーヒーは、大変美味しくて、感動する味でした。昨日の極上の美味しさが忘れられず、今日も五女山コーヒーを淹れていると、「五女山の愛」と聞こえます。内面深く感じると、悲しみを抱く愛が全身に広がりました。高句麗の地はどこを歩いても悲しみに満ちています。東明王様の詩に表している通りです。悲しみから生まれた高句麗ではなく、愛から生まれた高句麗であると五女山コーヒーは渾身の力を振り絞って私に教えてくれました。お腹の底に秘めていたことが全てをひっくり返し、表に現れました。人生初めての経験です。やっと生まれてきた意味が実現すると言い知れぬ喜びが湧いてきます。

お告げの勝山館での講演会会場は、午後の日差しが一杯注がれ、窓の外の木々が光り輝いています。お告げに見た光景が目の前に現れています。幸いだったか、残念であったか、ご新規の方が一人もお見えにならず、受講生だけの講演会となりました。おおいなる存在から贈られた場としか考えられない場面が訪れました。お腹の底に秘めていたことを語れる場面がプレゼントされ、五女山コーヒーからのメッセージ「五女山の愛」を語り始めました。11月1日仙台コンサートのパンフレットに使わせていただきました「高句麗の父」と呼ぶ写真を撮影していただいた場面からの語りとなりました。高句麗の父の悲しみを生涯忘れないと心に誓った五女山での衝撃的経験が今、紐解かれ、明かされる時がきました。10月1日狛江にての「高句麗伝説」にて初めて先生の存在が全面に現れたので、裏であったものが表にあらわれ、私は生命の内に流れる大河のような本命の本音が突然現れたのです。先生にお会いし、運命を解放していただいてからずっと本音で生き、今日生命があります。何度も今までの人生はなんだったのかと驚く本音に出会い、変容することも経験させていただいています。今、本命の本音という表現を使わせていただきましたが、まさに生命の奥深くに大河が流れる如くに見える本音が現れたのです。どんでん返しとはこのことと感じる程に、今までの表現がいかに表側の表現であったかと笑いまで込み上げてくるのです。そして過去の動きの謎が紐解けました。語りながら、気づかせていただき、今日の勝山館での講演は初めて語ることばかりで、歴史の要と見える瞬間でした。まるで裏側にあった真の人生を語っているようでした。今日も当然録画はしていませんので、あの瞬間は2度と語れませんが、表現できた時、世界に伝播することが希望と感じます。気づけば、ご参加者は涙を流し、すすり泣きが聞こえる空間でした。窓の外の木々も私の語りと一緒に動いていたと聞きました。鳥も聞いてくれていたと感じます。木々も鳥も世界へと伝えてくれていることが生命でわかる講演会でした。大河の如くに大きな流れが見える本音のエネルギーがあれば、何をも乗り越えていけます。今はひとりひとり本音で生きていけば、11月1日に向かい一気に動くと見えます。あらゆる方法よりもこのエネルギーがあれば、やり抜いていけます。

家に帰り、再び、先生の動画を見ました。やはりコーヒーの香りがするのです。素晴らしいです。動画からの香りに誘われ、五女山コーヒーを淹れ、先生が作ってくださった器にいれ、いただきました。五女山の愛に包まれ、心満ちるひと時に感謝します。今日の「時の威力」に書かれたメッセージは「美しい実り」でした。私にとってはどんぴしゃりのメッセージに驚喜しました。毎回どんぴしゃりなのです。美しい香りに包まれ、本命の人生を生きていくはじまりです。この先には悲願も成り、世界の平和も実現すると見えます。生きてこの時が来るとは。。。これからが真の自分を実現する時です。ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
三鷹市公会堂 光のホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
三鷹市芸術文化センター 風のホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
再考