KEIKO KOMA Webサロン

一新


早朝の六本木駅付近は酔っ払いが多く、変な空気を吸わないようにカフェ哲へと向かいました。高麗さんがアップされた窓際のマーブリングカーテンが目に飛び込んできて、駅付近のダークな空気と全くの別空間にいっぺんに心踊ります。店の大半は殆ど以前のままなのに、ま新しい初めてのお店に入った体感でした。
13日からの再開に向け、先生の撮られたお写真や高麗さんのマーブリング作品を高麗さんがお選びになり、正真正銘の先生と高麗さんのお店になること伝わりました。
事故のあった翌日、克哲さんや皆さんと、用意して下さった檜のもみがらでガラスの破片を掃除し始めると、高麗さんが阪神大震災に遭われた時、先生とてきぱき片付け始めると気持ちが明るくなり不思議と楽しい気分になられたと本に書かれ、何度かお話を伺っていたのはこうゆう事だったのかと経験させて頂きました。既に以前の店の面影もなく、夢あるマーブリングのカーテンに道ゆく女の子とお母さんが、振り返り振り返り通られます。いいものをいいままに世界へ発信するお店が明日から再始動されます事に心より感謝致します。
再開される前のタイミングで先生のアントレプレヌールサロンにて、コスト計算のこと、イノベーションのこと、奇跡についてもお話下さり、自分も自分の生活からイノベーションして参ります。
先生と高麗さんは、常に今までよりよりよくを実践、実証して下さってます。私は先ずモタモタしないところから心がけます。いつも奇跡を沢山ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
八坂 高麗ギャラリーカフェより
KEIKO KOMA Webサロン
比叡山、迎賓館にて
KEIKO KOMA Webサロン