KEIKO KOMA Webサロン

サクランボと東北の経験


何て美味しそうなサクランボでしょう。コーヒー豆の一粒一粒と同じく、一粒一粒の光を見逃さず、生かされていく高麗さんの在り方に、誰もが共にいるだけで元気になるのがよくわかります。高麗さんに召し上がって頂けて幸せなサクランボ達。そのサクランボを通してその喜びの光は波紋のように伝搬していきます。サクランボのお写真、アップしてくださり、また母について表現してくださりありがとうございます。

東北高句麗伝説で経験した想像を遥かに超える現実。今までの感覚、認識では到底わかることはできません。仙台高句麗伝説の始まる前に、ふとした事から目にした日本人で数学の難問の答えを導き出せるかもしれないと、ある分野で注目されている学者さんの存在を知り、その方がご自分の理論の説明をしている文章を目にしました。そこで表現されている事のひとつとて自分には理解できません。それでもそれはわかる人にはわかり、しかも凄まじい発見であると言われています。が自分には全くわからない。わからないのは自分であって、わかる人がいる現実。何かこの経験がコンサートにおいても起きているとも感じ、何においてもわかる自分になるよりないと強く感じました。今までの自分で知った気になることの愚かさはもちろんのこと、あまりに小さな枠で理解しようとしている自分に気づき、目が覚めました。今までとは全く違う人類史的変革の時代に入ったことだけはハッキリとわかりました。新しい未来よりない、今いまの時です。遅くなりましたが、東北高句麗伝説コンサート、ありがとうございました。

KEIKO KOMA Webサロン
東京にて
KEIKO KOMA Webサロン
結工房にて
KEIKO KOMA Webサロン
高句麗 始まり第2弾