KEIKO KOMA Webサロン

グレートターニングポイント


本音で生きてください講演会、ビデオ講演会、そしてアントレプレヌールサロンと参加させて頂き、数日分を一気に経験したかのような1日でした。ひと月前には考えられない今があります。そしてさらにここから20日の間に11ヶ月分一気にいくとお聞きし、身震いしました。私は感謝と希望よりありません。本当にありがとうございます。しかし同時に二分されていくという現実は待った無しにすでに起こり始めていることを自分の周囲を見ても恐ろしいほど感じています。が、自然の働きには抗えず受け入れることが先をつくる答えと高麗さんの講演会をお聞きする中で考えていました。
アントレプレヌールサロンではお金に関する大変具体的なお話を伺い、経営プランを考える上での資金集め資金繰りのヒントを頂きました。先生が施設を作られたときのお話から、個人団体レベルの資金集めより発想できなかった頭が、最終的には国全体の問題解決にアプローチする内容を考え国の予算がおりるまでの事業を考えなくてはならないことをわかりました。自分の現時点での知識や能力では手に負えないことだと感じつつも、自分のやれないことをやるためにいだきに来させて頂いているとすぐに考え直し、一つ一つ現時点での課題を整理し始めています。社会全体のことを考える以前の足元のことから整理していかなくてはならない現実があります。それでもやっていく根拠は、国家には切り捨てられ無残にも生きられない生命が増える現実を解決する道をつくらないと、私自身が生きていけないほど何か身に迫るものがあるからです。在宅医療に携わる父のもとでは現場でその実態に直面する現実は目に見えていますので、解決できる手立てが明確にあるかどうか、もっと掘り下げて考えていかなくてはならないと感じました。今後のビジネスモデルとしてのデイケアのお話をお聞きし、やはり先生のアプローチは既存の概念を超え全体の問題解決を視野に発想していかれることに、自分の視野の狭さ、勉強の足らなさ、経験の少なさ等様々な課題を認識しました。

課題があることはやることがあるということでもあり、胸の内から喜びが湧きあがります。先生も、高麗さんも、自然も味方であると感じると喜びよりありません。時を創り続けてくださり、今があることを、本当にありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
この度のスペシャル焙煎 円満
KEIKO KOMA Webサロン
迎賓館にて
KEIKO KOMA Webサロン
結工房にて