KEIKO KOMA Webサロン

アーモンド並木


「経験したことを表現することが大切」とあったので

アーモンド並木

友は、いくら言っても桜だと思っている
記号論が大好きなくせに事物を見ないのだ
「ここの桜はちょっと立派ですなあ……。」
しかし、ねじより立ち寄り、やっと気づく
なにも「よき人」ぶることもないけれど……
なにも考えず、意義も思わず、歩くのがいい
場末の運河の向こうのアーモンド並木はいい
いろいろ苦悩の後の「自分の春」を味わおう

今年の神戸の桜は、やっと咲き出したくらいで遅い
しかし、東灘区の人たちは、ひと月も早く「花見」を楽しんでいる
1979年以来、カリフォルニアから深江浜の工場に移植されたアーモンド
そして、震災から復興した下水処理場の運河脇にも100本もの並木が出来た
こちらは、遅咲きで、今が見ごろ。きれいな小川までしつらえてある
去年の台風でひどく痛めつけられたと聞くからに、余計に愛おしい
運河、人工島、工場……、人為的な自然、現代人の感慨によく似合う
樹下に座して、六甲の山並みと海へ続く水路を眺め、心を養う

思えば、「桃花源」の理想郷は遠く
いまさら晴耕雨読もままなるまい
さりとて功利や実績ばかりが価値あるものか
金と健康のために身をすり減らしたくないもの
才がなくとも役立たずでも、別の「光」ありだ
同じバラ科サクラ属だから桜の国にも似合うはず
遠く異郷の春に花を咲かせるアーモンドこそ
住みにくい世に健気に生きる指針のようにも思う

KEIKO KOMA Webサロン
北上市文化交流センターにて
KEIKO KOMA Webサロン
お茶室より
KEIKO KOMA Webサロン
モスクワコンサートホールにて