KEIKO KOMA Webサロン

ゆめ


盛岡からのお便りは輝きいっぱいで 光を浴びるようです。ありがとうございます。ニューヨークからのお便りもありがとうございます。本当に高麗さんがニューヨークにもいらっしゃるみたいな空気。地球がどんどんつながっていく勢いでワクワクします。
ボーズマンさんのお名前をお聞きすると、大変感慨深いものがあり、言いようがありません。20年。。すべてがあかるみに表れることを 実感しています。
恐ろしいといえば恐ろしい、あるがまま やっていること、やってきたこと そのまま。崩れゆくものは崩れ 輝くものは輝く のだけれど 崩れゆくものがあまりにもほとんど全部といえるくらい。巷は 空洞だらけで生きている。

本日は地元にある下町風の寄り合いみたいなところにいました。
あまりにも俗の中に封じ込められて。
それでも生きてきた。
ささやかにお花を育てたりして、ちょうど見ごろになると鉢ごと盗まれたり、はさみで泥棒が持っていくそうです。この地域に今そういうのが多発していて警察がパトロールに回っているとか。

いのちの夢。
庶民といわれる階層のいのちは 夢見ることも 忘れてしまい 幾千年。
ありえないことが起こることを望んでいく。

普通といわれる人のいのち すべて 上昇するイメージを 自分はもつ。ありえないことが起こることを 望む。想像がつかないほどのことを のぞんで 生きる。

 

KEIKO KOMA Webサロン
盛岡にて
KEIKO KOMA Webサロン
お家ブティックにて
KEIKO KOMA Webサロン
三鷹市芸術文化センター 風のホールにて