KEIKO KOMA Webサロン

はじまり


「始まり」「始まりの愛」ありがとうございました。「始まり」の音を体感している際、わたしにも先生のようにひとを救える力があればいいのにと考えていました。ひとを救える力があれば、救えなかった魂も報われるのにと感じ、具体的にはまだ考えられなくても成すと考えていけば、成っていくんだと感じます。「始まりの愛」では、家族のことを考えていました。親は、いくつになっても子供の事が心配なの。心配が役目なんだと仰っていた方がいました。わたしは、親になった事がないので、親としての役割を考えることは無くても感じるものはあります。親にも元氣に過ごして欲しいと望みます。子供を心配する人生は卒業して、自分の人生を生きて欲しいと考えます。わたしは、家に帰りたくはないですが、帰る場所があるだけ幸せなんだと感じます。今日もコンサートに向かえる命があり幸せです。ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
マドリード ギャラリーより
KEIKO KOMA Webサロン
「高句麗伝説」
KEIKO KOMA Webサロン
盛岡にて