KEIKO KOMA Webサロン

いだきアントレプレナーへの道


本日は、keiko koma chにて、2012年2月9日の「いだきアントレプレナーへの道」を拝見いたしました。その中で、先生がおっしゃったこととして、高麗さんは次のことをお話し下さいました。

「現代社会はモノやお金が優先されて作られた社会。だから人は働けば働くほど病んでいく。魂も心も失っていく。自然界のいのちはみんな生きて調和とれてる状態で、いのちはどんないのちも、次のいのちが生きるように働いている。だから人間も自然のいのちのひとつなので、ひとりひとりが自分をちゃんと活かしながら、調和とれる、こういう社会が人間の生きれる社会。自然界がそうやって現してくれているんだから。」

これが「真っ当」ということだと感じます。小学校では、「国語」で人間の美しい生き方を描いた文学を学び、「算数」で嘘ごまかしのきかない美しい数の世界を経験し、「理科」で驚きに満ちた美しい自然界の法則を植物、動物、人体、化学、物理から学びますが、「社会」があいまいな気がします。
「社会」で、個性を活かしながら調和する人間社会の有様や、男女仲良く助け合う働き方や、お金の真実や、本当の歴史を学ぶ真っ当な学習が行われるようになったら、学校はもっと楽しいところになるのかもしれないと感じました。

あさってはいよいよ郡山高句麗伝説です。宇宙エネルギーをこの身で体験できると思うと、緊張します。希望を感じる未来を創ってくださり、ありがとうございます。
全部分かるいのちとして、参加いたします。
先生、高麗さん、思い切り表現なさってください。

KEIKO KOMA Webサロン
迎賓館にて
KEIKO KOMA Webサロン
比叡山にて
KEIKO KOMA Webサロン
お家ブティック 京の華にて