KEIKO KOMA Webサロン

いだきのフィールド


朝、目覚めた時、生命の声を言葉にした時、「感謝」よりありませんでした。子供の頃より、朝、辛いと感じることは未だに、あり続けていました。時々、先生にお話させていただいた時、世の中が悪いからという内容のお言葉をお聞きし、良い世の中を作っていけば朝の目覚めがいいと考えながら、その時作りながら待つ気持ちがありました。感謝から始まる1日は生まれ変わった様でした。日本と共に生まれ変わると言葉が生まれた京都でのコンサートの経験でした。

アントレプレヌールサロンにて、昨日は京都、今日は東京、と連日の催しで息切れしていないか、と問われました。息切れしていたら生きていけないし仕事もできない、とおっしゃった時、昨日まで息切れしていた私は生命助かったと心底感じています。我の終焉と感じていますので、我で生きる人生は終わり、新しい人生の始まりです。我で生きる人生に疲れ果ててしまい、息切ればかりが続いていました。京都コンサートの日が限界となりましたが生まれ変わることができ、本当に感謝でいっぱいです。

神話から生まれた日本が神話を奪われ、魂まで奪われ、国まで奪われたらとお話をお聞きし、あってはならないことと全身が訴えていました。日本は国生みの時から他の国にはないことによって生まれた国なので、決して滅ぼされてはいけないと先生がおっしゃた時には生命賭けても守りたい気持ちが生まれます。以前、日本人の体は国体、国を作る体とお聞きした時、生命の内が感動に震え、泣いていました。この体が国を作る体であるなら、光栄であり生きていることの意味があります。京都でのコンサートにて国生みのエネルギーを経験させていただき、今日は、先生から国生みのお話しをお聞きし、日本の大地を駆け抜け、日本中で先生のコンサートを開催したい気持ちが生まれました。

算数から数学が苦手になったことで、見通しを立てる能力が失われたことも、悲しいことと感じます。が、今から挽回できる人生であることはありがたいことです。その様に生きられるフィールドを先生がずっと作ってきてくっださったので、私たちは、どんどん能力を上げて生きていけます。コンサートにて新しい世界、次元が表現されると世界が変わります。表現された世界に触れた人間は、真理に目覚めるとわかります。先生が表現される場と機会を作ることは一番早く平和を作り、人間が生きていける世界を作ると考えます。フィールドのお話を伺っている時は世界がいだきのフィールドになっている光景が見えました。

すでに数時間後にはモスクワへ行く為に、家を出ますが、ロシアでも愛のフィールドが作られ、世界に広がる道が作られると見え、その為に動けますことに感謝します。疲労困憊の状態の時はモスクワへ行くことを考えるだけで疲れてしまい、行けるかと心配もしていましたが、生まれ変わり、行けるめぐりとなり、ありがたいばかりです。ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
8月6日
KEIKO KOMA Webサロン
高句麗 始まり第3弾
KEIKO KOMA Webサロン
比叡山にて