KEIKO KOMA Webサロン

ありがとうございます


10月1日、天を祀る日が、いよいよ、おとずれました。昨夜は、嵐、すべてを一掃する勢いで、雨と風が吹き付けていました。8月のコンサート、ジェンダー講座を経験。9月のコンサート。何もWEBサロンでは、表現できずにを迎えています。そして、昨日の高麗屋のプレオープンでは、高麗さんに詩を書いていただき、ただならぬ運びとなりました。
府中のコンサートメッセージにありました、「ラビュリントス」について、あらためて調べて、コンサートで何を経験したのか、わかってまいりました。以前、訪れたクレタ島のクノッソス宮殿でミノタウロスの迷宮を歩いたとき、緩やかに曲がった長い一本道を通り抜けたことを思い出しました。迷宮の入り口から、出口までが、あまりに単純で、退屈な一本道でした。観光客相手の子供だましのように作った復元跡に、がっかりしたことを思い出しました。しかし、そんな簡単な道でさえ、立ち止まったり、振り返ったり、後戻りをしていると、出口がわからなくなり、迷宮にいることさえもわからなくなるという現実が見えてきました。そこから脱出をする経験、「新しい愛への脱出」の経験をさせていただいたからこそ、見えてくる現実です。まったく、新しく生まれか変わり、高麗さんに頂きました詩をそのまま理解できるよう、本日の高句麗伝説に向かいます。
尊い経験を、ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
清流
KEIKO KOMA Webサロン
お祝い 五女山コーヒー誕生
KEIKO KOMA Webサロン
晴れた朝に