KEIKO KOMA Webサロン

ありがとうございます。


東京に高麗の看板が上がるお話を高麗さんから聞かせていただける日が来たんだと、
昔も、この様な日を待って生きてきたような不思議な気持ちになりました。
哲サロンに集われたお一人お一人の高麗さんとの対話から、内にある歴史が紐解かれ、
12月24日からはじまる高句麗伝説のパンフレットを、好太王碑にて/撮影:いだきしんと書かれているところで封書に入れさせていただく作業に、高麗さんの真の御姿現れる時の衝撃を受け続けるのです。
新しいアナログシンセサイザーが登場される、
9月11日郡山での高句麗伝説に無事参加させて頂けますように、心致します。
どうぞよろしくお願い致します。
いだき先生、高麗さん、誠にありがとうございます。

梅本佳代

KEIKO KOMA Webサロン
三鷹市芸術文化センター 風のホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
新作マーブリングレインコート
KEIKO KOMA Webサロン
福島の桃