KEIKO KOMA Webサロン

ありがとうございます。


2月のコンサートから時間の流れが変わり、時計を見る度に時間が経っておらす、予定時間より早いペースで動けるようになりました。空間がきれいになると同時に時間が変わることを実感でき、嬉しく感じます。
先日は、何のご縁か、香港に行ってまいりました。香港のセントラルから見える、高層ビルの立ち並ぶ沿岸に、得も言えぬときめきを感じました。香港はタックスヘイブンで世界中の投資家が集まる街です。この街にカフェができれば、カフェを訪れる人は、美味しいコーヒーを飲み、命を感じ、先生の即興演奏の流れるいだき空間で未来を感じ、人が豊かになるように考え、投資していくのです。
投資家の集まる街に、このようなカフェがあれば、どんなに楽しいかと、想いを巡らせました。
一方、マカオでは、豪華なビルのカジノが立ち並んでいました。ラスベガスよりすごいと聞いていたマカオのカジノですが、どのような人が集まる場所かを見たくて、カジノを三件、周りました。中でも、最大と言われているカジノは、地下鉄の一駅ほどもあるように見えました。聞くところによると東京ドームより大きく、とても、端から端まで歩ける広さではありませんでした。大勢の人がカジノに訪れ、時間とお金とエネルギーを費やしている様に驚きました。カジノで働く多くのディーラーは、銀行員のような表情でした。コインとカードを事務的に配り、勤務を終える時間を待ちわびている様子も滑稽でした。豪華に見える建物の中は、空虚な世界で、非生産的。ひたすら浪費と消費を繰り返すカジノに、人類の終焉を見たようです。

日本に戻り、応用コースに参加しました。今朝は、久しぶりに頭が重く、体も重く、朝起きられない状態でした。自分の中に表現していない気持ちや思いが溜まっているのをわかります。
今朝は、コーヒーを淹れながら香港のことを思い出していました。香港のカフェに、空想を巡らせますと、そのときだけは、頭が楽になるのです。「珈琲の香りする港、香港」と、言えば、嬉しくなります。何をすれば実現できるのかと考えていると、楽しいです。
私の知らない世界を垣間見た令和のはじまりとなりました。
5月13日と14日の高句麗伝説に向け、頭や体が変化しているのがわかる日々です。
この社会の中でどのように自分の資質を活かせるかを考える日々です。
多くの経験をありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
比叡山工房より
KEIKO KOMA Webサロン
三鷹市芸術文化センターにて
KEIKO KOMA Webサロン
パイプオルガンの前で