KEIKO KOMA Webサロン

ありがとうございます。


ジェンダーには参加できなかったため、書込みやビデオ講演会、友人からとジェンダーで起こったことを聴き、大きな変わり目だったことを知りました。化け物とは、、なんとも腑に落ちる表現と感じました。ちょうど青森のねぶた祭りのバケトの事をテレビで知り、ねぶた祭には化け物がつきもので、ねぶた祭の題材は化け物退治が多いと考えていた時でした。自分の中の化け物と相手の化け物が出会ってしまうこれまでの恋愛とは、、気持ち悪い夫婦はだから、、と納得でしたが、自分もそうだと分かると、苦笑しかありませんでした。もっと詳しく知りたくて、高麗さんのビデオ講演会に聴き入ります。その中で悪魔が引っ掛けることに対して、絶対に負けまいとして喧嘩になることは自分と同じと感じました。自分のやられたらやり返すという意識も、悪魔の仕業とは。。なんとも恥ずかしく申し訳なく、、それで命まで取られる仕組みとは、、申し訳なさすぎて言葉がありません。心からお詫び申し上げます。
高麗さんの表現にもありましたが、このところ、ふと気がつくと、ザワザワするざわつきがなくなっていると、長女と話をしていました。いつもざわついて、特に昨年末は苦しくなるほど、ざわつきイラついていました。人間は受講してもこうなんだ、、と自分を含め、人のいやらしさに苛立っていました。それが、今はなくなってしまいました。嘘はバレると年頭のお話から、そのものの現象が続き、化け物退治が終わり、次は何があるのでしょうか。私の中はこれまでの分かり合えたいという祈りに似た思い込みもなくなり、今はただ自律して前に進もうという気持ちです。
この度の3日間そしてジェンダーで、ようやく私の弱点の情という悪魔からも脱することができました。
先生の偉業がわかったとは言えないのですが、身体と命はわかります。また高麗さんがビデオ講演会で発信して頂き理解する事ができます。時は非常事態です。これからに備えます。ありがとうございます。👿

KEIKO KOMA Webサロン
府中の森芸術劇場ウィーンホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
ただいま!
KEIKO KOMA Webサロン
しん