KEIKO KOMA Webサロン

ありがとうございます。


チケットの一枚。
コーヒーの一杯。
いだき講座の一席。
本一冊。
本音をお伝えした結果、その方に何かが渡り事が場が動くと、
高麗さんにお聴きした生命は、
場が動く喜びに向かい人に出会います。
いだき講座の2日目を誠にありがとうございます。
3日目の本日もあたらしいはじまりを受け止めて、開拓していきます。
いだきしん先生の表現くださっている事を、そのままお聞きできる耳をと決めますと、
そのまま聞いてくれる方々に出会うようになっています。
京都高麗屋さんでのサロンは日々進化し、
いだきしん先生がお伝え下さる「一番大事なのは命」と。
今は自分の命の事、身体の事がわかり深める事に向かう一心です。
子宮の次は卵巣で、自分は女性の身体であったことに気をつかせていただいて、
体の中にある臓器の存在を感じたことのなかった今までを生きてこれたのは、
自分以上にわかってくださり、受け入れてくださる、いだき先生、高麗さんに
お出会いさせていただけたからです。
真の健康を取り戻し、どこに行ってもどなたとであっても、心の通う日常になっていける希望が、
古の都での「高句麗伝説」に向かう活動から生まれました。
琵琶湖のほとりで白いコーヒーを販売してくださる方にお出会いでき、
トラックの運転手が多く立ち寄られるので、「交通安全」に。と手書きでポップを描いた時、
本当の御守り!と、生命と交通安全という言葉が一つになりました。
嘘をつきたいわけではないのですが、言葉と生命が一緒にならなかったので、嘘になっていましたが、
生命の声と言葉が一致していく一つ一つの出来事に、いだき先生のアントレプレヌールサロンでの宣言を心いたします。
人の命に届く、いだきしん先生の存在。高麗恵子さんの存在。
生命救われる時の訪れを心より感謝申し上げ、悲しみが喜びに変わっていく
お品物をお届けいたします。
本日は、ロームシアター京都のコンサートにどうしても起こしいただきたくって。。。
と告白下さり、初めて人に進めるのでどうしたら来てもらえるかな。と相談を受け、
昨日、練習しました。
成果が出るように、祈るばかりです。
世界中の文化の入ってきた大和郡山にある水門「ラ・城門」
琵琶湖、堺、水路を開いていただき、ラの音に調律できる場が増える兆しが嬉しいです。
いだきしん先生、高麗恵子様、誠にありがとうございます。

梅本佳代

KEIKO KOMA Webサロン
お茶室より
KEIKO KOMA Webサロン
NPO高麗 東北センターにて
KEIKO KOMA Webサロン
音色