KEIKO KOMA Webサロン

ありがとうございます。


高麗さん直筆の一通のお手紙に、人は心動き、人間は何故生まれてきて、どう生きて行くのか、どう死をむかえるのか。

本音をお伝えくださり、いだき講座受講前から考える機会を大事にお届けさせていただきました。いだき講座のはじまる日。お渡しさせていただいた方は、江戸時代が一番好きで、町をそのようにしていきたい気持ちをお話し下さいました。

大和郡山に江戸時代から残っている遊廓を綺麗にされ、御案内くださいました。催しで使わせていただけます。聖なる男女の関係を紐解く鍵になっています。大和郡山の奥深さを知ります。又、一流企業の撤退により町の財源も減る中、生命の農業のお話、結工房のお話をさせていただきました。いだきしん先生、高麗恵子様が起こしくださり、多勢の方が一気に町に訪れてくださる新しいビジネスの機運に無表情のお顔に光が差したように拝見いたしました。偶然にも、お持ちした白いコーヒーの賞味期限がその方の御誕生日で偶然が重なり喜んで下さいました。大事に飲ませていただきます。と心からお伝え下さいました。高麗さんの救いの一通でした。貴重な一席を賜りまして誠にありがとうございます。大和郡山での活動は満席になったものの、高麗恵子さん、いだきしん先生の活動趣旨に行き着いていない自分の表現が何か考えていたことが、京都南高麗屋さんサロンで鍵をいただき、いだき講座のはじまりとともに、人類の危機であり、日本の危機を救っていただけるいだきしん先生の存在。高麗恵子さんの存在。を自分はきちんと座ってお話しはじめました。最初の「高句麗伝説」の時に手作りの和紙の封書と便箋に高麗さん手書きの奈良県全市町村長様にお手紙をお出しくださり、昨日は高麗さんの本音、いだき先生の一音一音が浸透している生命に出会わせていただきました。各市町村の真の歴史は蘇り、文化とは何か芸術とは何か、日本に埋もれている真の文化の蘇りにワクワクします。いだき先生の音から高麗さんのお声から生き方そのものからお伝えさせていただけ、古の魂は喜びに一斉に蘇っているようです。奈良市では2020年に2000人のコンベンションホールを作っていて、コンサートもできるそうです。桜井市では国造りの神社の麓に神楽殿が新設されています。どこに行っても、綺麗な迎賓館あるのに、奈良になかったので、自然と調和し、人にやさしい建物ができて来ているのがうれしいです。建つ前に、先生、高麗さんの風や香り存在をお伝えできてよかったです。空間を綺麗にしていただき、出会う方も出会いを待っておられるので、自分自身の整理だけです。お一人お一人書ききれない、歴史であり、未来を作っていくお話になっています。金色に輝く「高麗」さんの木の看板が空間に立ちとても神々しい奈良です。偽りのない関係を目の前の方と作っているかどうか、お応えでわかっていけて直していけるのでありがたいです。

白いコーヒーからはじまる物語も同時進行です。

東京から、いだきしん先生に器に入った高麗さんのコーヒーをお届け下さり誠にありがとうございます。いだき講座2日目を誠にありがとうございます。

本日もどうぞよろしくお願い申し上げます。

いだきしん先生、高麗恵子様、誠にありがとうございます。

梅本佳代

KEIKO KOMA Webサロン
グジ・ハンベラ・ウォッシュド深煎り
KEIKO KOMA Webサロン
行ってきます
KEIKO KOMA Webサロン
府中の森芸術劇場ウィーンホールにて