KEIKO KOMA Webサロン

ありがとうございます。


いだきしん先生 高麗恵子さんが言葉に成された事は起きる現実に、聴くこと 語る事 いのちの詩である事、動き実現していく場に出会わせていただきます。
3拠点が動き出すと宇宙が動くとお聞きしてきましたが、その渦に入れていただいているようです。
Koma Keiko skyrocket center の扉を開くと、壮絶というのか和気藹々というのか、すごい勢いがありました。どこを見ていいのかわからず、どこもかしこも、綺麗なマーブリングの作品が空間でたくさん動いていました。御殿場でのお買物、洗濯やアイロンかけをくださり、そのエネルギーが広がり、高麗さんの輝きに集まるいのちの輝きは喜びあい、歓声と笑顔と生命の交流に入った途端にずっと一緒に居てた感覚になりました。話しをしたことのない方とも、よく知っている人の様に話がはじまり、分け隔てないというのも隔たりのある部分が日々無くなり感動します。高麗さんの存在に賑わいが高麗さん方向に一つなっていて賑やかなのに心静かで穏やかな感じがとても心地よく、ずっといたい気持ちになります。ネパールの友人と参加させていただいたきっかけは、狛江「高句麗伝説」を聴く会での笙の音でした。インドの「高句麗伝説」のはじまりの一音と重なって、その音が何かを引き上げてくださっていて繋がっている何かが何かを考えていました。宿泊先に戻ると、その音の先にあった何かに出会いました。ネパールの友人からの電話でした。いだきしん先生のピアノコンサートに初めて参加させていただきましたのは渋谷さくらホールでした。2回目は三鷹風のホール。武蔵野でのピアノコンサートにはサリーを着ていきたいと大変楽しみに参加されました。はじめての経験からずっと、美しいピアノの音にネパールの震災での悲しみ、ジェンダーの問題を癒していただき、ご本人だけで無くご本人に連なるいのちも癒していただき、人生の失望は希望へ変わっていく経過を喜びあいました。ずっとネパールでコンサートを開催していただきたいと、自分たちが力をつけてお越しいただけるように、ネパールには仕事がないので、女性に仕事を作ろうと動き始めては、違う方向に行ってしまい、なかなかタイミングが合わなかったのですが、大きなお力に引き上げていただきまして、いだき講座をお申込みされるところまで辿り着きました。「本音で生きて下さい」のご講演中はずっとメモを取られていました。何をメモしたのかきくと、高麗さんの本音に浮かんだ御告げを書いていたと教えてくれました。御講演が終わってから、木の看板に向かい目を閉じて手を合わせて立たれて行きました。いだき先生の書に心惹かれておられ、「心」を何と読むのか聞かれ、「こころ」と声に出した途端に涙が溢れてきました。外国の方に「こころ」に出会っていただける場面があり、いのちの声と出会った瞬間でありました。地下の展示作品にも感動される中、私はこの写真が一番好き。と教えてくれた御写真は好太王様の御陵に映る茶色のコートを纏われた高麗さんのお写真でした。目と目が合われておられる場面に背筋が伸びました。金色に輝く高麗さんの看板にご挨拶させていただき、一階の熱気に包んでいただいて申し込み書を書いておられました。4日目を迎えている受講生の方を迎えにアンフィに行かせていただきました。沢山の方々とお出会いされてきた一日でありますのに、一人一人がそれぞれ同時に話してることを全部聞いてくださり、周りや時間を気にせず、途中申し訳無くなっていました。最後は一つになっていた場とお見送りくださったアンフィニでの高麗さんの御姿は温かく胸に焼きつきました。受講前とは別人になられ、いだきしん先生 高麗恵子さんにお出会いできる人生はあらたまります。9月11日いだきしん先生のコンサートバスツアーを御告げくださり、出会えた方々です。世界には六つの大陸があることを知りました。

まことにありがとうございます。

梅本佳代

KEIKO KOMA Webサロン
モスクワ コンサートホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
比叡山 迎賓館にて
KEIKO KOMA Webサロン