KEIKO KOMA Webサロン

ありがとうございました。


迎賓館コンサートは2時間通しで、姿勢正しく、演奏される先生を前にして、ひたすら「すごい」と感じました。
しかし、よくよく考えてみますと、私が参加しただけでも沖縄での日の出から日の入りまでの演奏、熊本のアスペクタでも7時間、演奏されていました。熊本城は31時間ということですから、想像もできないです。
先生は前から、姿勢正しく、長時間演奏されていました。

今は、お着物で、演奏される先生の生きる姿勢を前にして、ただ、真摯に向きあい、背筋を伸ばしてきくしかありません。

2時間の演奏を終えられた先生は、客席の私たちに向かって、にこりと微笑えまれました。私は、涙がこぼれます。「先生、先生」と拍手しました。

迎賓館の場で、先生の演奏をきけるということは「僥倖」です。初めて、お招きいただいたときの喜びを思いだしますと、今でも胸が熱くなります。

続く、「本音で生きてください 講演会」で、さらにコンサートの経験が深まり、「ビデオ講演会」では、何度も笑い、楽しい、お話でした。
高麗さんがIDAKIを始めていらっしゃらなかったら、こんな「僥倖」もないのです。

ありがとうございました。
三村馨

KEIKO KOMA Webサロン
第2弾「新五女山」コーヒー
KEIKO KOMA Webサロン
東京 高麗屋にて
KEIKO KOMA Webサロン
比叡山へ向かう道中にて