KEIKO KOMA Webサロン

「摩擦はゼロにして」


まだ雨模様だ。明日からの山行が心配である。年齢も考えず、長距離・野営の未知の山(三重県の台高山脈池木屋山)に行くなんて。「高齢者ドライバー」以上に自粛すべきところかも。しかし、今読んでいたライトノベルに、「例えば物理の問題で摩擦をゼロにしたり、空気抵抗を無視したり」するけれど、「そいう風に世界を自分でも分かるように簡単にしてから、強引に理解して、分かったことにしてしまう。でも、本当のことは、だれにも分からない。」とあった。そう、人間関係の摩擦はゼロにならないし、空気がなければ生きていけない。世間の基準と自分の都合では何も見えないのだ。熊野大社のコンサートのとき、土砂降りの雨が止み、薄日が差し、青空が見えた経験があるのだ。行くべし!

KEIKO KOMA Webサロン
はじまり
KEIKO KOMA Webサロン
仙台「高麗屋」にて
KEIKO KOMA Webサロン
いってきます!